レイアウトのポールシフト・5・住宅地と「アオシママジック」


 今回のポールシフトの目的にはもうひとつ、レイアウトの右側(変更後は左側)に配置されている住宅地の工事(これについては2・3年ほど前からベース製作と建物の仮配置を行っていながら最近はモジュールなどにかまけて中断状態だった物です)を本格化させる事があります。

 通勤型や近郊型の電車を主に走らせる事を目的としていたレイアウトですので、走る電車の背景にはある程度ボリュームの感じられる住宅街が欲しかったので既に完成している部分も含めるとこの一角に24軒の住宅やアパートが密集することとなりました。

 今回のポールシフトでこれらの住宅地がかなり目立つ配置となった訳ですが、実際に電車を走らせて見て何か足りないと感じました。家は確かに多いのですが、ただそれだけで風景にメリハリが感じられないのです。
 又、住宅地の向こうがいきなり背景の空になっているのも何か不自然です。

 とにかく何かが足りない。

 そこで思い当たったのが先日1棟完成させたアオシマの団地でした。これを試しに住宅地の奥にロウレリーフ代わりに配置してみました。

 たったこれだけの事だったのですが、俄然風景に奥行き感が出て町並みが締まってきました。
 単なる「家の集合体」に背景として団地アパートが加わった事でより住宅地らしさが出てきた感じがします。

 考えてみれば近所の住宅地域を俯瞰で見てもぐるりと見回せば必ず視界のどこかにこの種のアパートが入ってくる事が多いですから、家だけの住宅地が物足りなく感じられたのも当たり前かもしれません。又、アオシマのキット自体も「団地」をイメージする建物の最大公約数的なデザインなので風景のリアリティを高める上での効果もより大きいと思われます。

 列車を走らせるとこうした背景との相乗で近郊住宅地を走る電車がますますそれらしく見えてきました。
 正に「アオシママジック」と感じました。
 このキットは線路際に限らず、遠景に配置されても風景にメリハリを与える効果が大きいと思われます。

 3年越しで停滞していた住宅地の工事もこれから本格的に行う積りですが、今回の出来事で最初に考えていたほど気に入らない風景となる可能性は多少低くなったと思います。

この記事へのコメント

2009年11月19日 14:05
かなり、イメージが変わりますね。
近郊型の住宅地には、ピッタリはまりますね。
購入を迷っておりますが、買うべきかもしれません・・・
布団が住宅のベランダにも掛けられるのか気になります^^
2009年11月19日 20:29
>ちかとどさん

 布団のパーツは団地の手すりのサイズに合わせてありますが普通のベランダでも対応可能と思います。
 ただ、意外にカラフル(笑)なパーツなので塗り替えがいるかもしれません。
2009年11月19日 22:16
トレトレで幾度となく拝見させていただきましたが、住宅街の存在には気付かなかったです。

しかし、思ってた以上に大きいですね。
裏山しい・・・・・・・
2009年11月19日 22:18
青島団地、結構大きいのですね。GMのものより横幅があるような感じがします。

2階建て程度の建物が並んでいるところにこのような高さのあるものが混じるとバランスがとれていい感じになりますね。
2009年11月20日 06:45
>ミリバールさん

 GMの公団住宅と比べると容積で2倍位はありそうです。
 住宅地とはいえ、住宅だけだと単調かつメリハリがない感じになるのでこうした建物が加わる効果は大きかったですね。
2009年11月20日 06:50
>芋さん

 言われて見ればトレトレで住宅地の事を書いたこと張りませんでしたね(加入前から工事が中断していたことも関係あるかもしれません)

 一見広そうに見えるのですが住宅地自体は280Rカーブの内周を使っている程度の面積です。意識して小型の建物を集中的に配置させたので、多少広そうな感じを受けるかもしれません。

この記事へのトラックバック