住宅地の植樹


 レイアウト左半部の住宅地も背後に団地を並べたりして少し町らしくなって来ましたが、もうひとつ潤いが足りません。
 そこで少し木を植えてみることにしました。

 ビル街を作ったときですら街路樹を植えていたのですから住宅地ならもっと緑があっても良いはずです。
 先日中古ショップでKATOの針葉樹が安売りされていたのを買い込んでいたので手持ちの樹木とともに加えてみました。この樹木はいわゆる「おむすび型樹木」で正直日本のレイアウト向けではないと思えるのですが他の木と混ぜて使えばどうにか見られるようです。

 ところでこれは私見ですが、町並みに樹木を加えると風景に潤いが出るだけではなく上手く使えばレイアウトを広く見せる効果があるのではないかと思っています。
 と、言うのも樹木は建物と違って大きさと形態があまり一致しない事が往々にしてあり、遠くのものも近くのものも似た様に見える事があります(これは高所から俯瞰で町並みを見下ろす時などに実感されます)これをうまく使えば(例えば近景と遠景の間に木々を挟みこむ等)風景の距離感を錯覚させる効果が期待できるのではないかと思えるのですが・・・


 そんな事を考えつつ走らせるのは205系の仙石線仕様です。4扉通勤型の4連はこのレイアウトには適当なサイズではあります。

この記事へのコメント

2009年11月27日 11:33
植物は鉄道模型(最近ではRMって言うようですね)で、表現しにくいものですね。個々の形状が違うし、生活している気候でも違う。
『空中散歩』でも、都心でも結構緑が多いので、これを巧く表現できれば・・・むふふ~
2009年11月27日 21:31
木を植えると確かに高さや奥行きを視認しにくくする効果があるようですね。
レイアウトに作る山は大抵強引なデフォルメがされていてとんでもない急斜面になっていることが多いですが、その急斜面に建物を置いて、周りに木を植えてやると違和感がなくなるんですよね。
2009年11月28日 06:54
>ちかとどさん

 植物そのものはレイアウトにとって難物のひとつですね。上手くいったときの効果は大きいのですが(本格的にやるとなるとレイアウトの東西南北の設定から掛からなければなりませんし)

 今気になっているのは葉に使っているスポンジの経年劣化がどれ位で出るかですね。
2009年11月28日 06:58
>ミリバールさん

>急斜面に建物を置いて、周りに木を植えてやると違和感が~

 樹木の植生で視覚的に勾配を緩和させるこの手法は良いですね。次の製作では是非使ってみたいです。アドバイスありがとうございました。

 風景素材の中で樹木は最も不定形なものだけにこうしたトリック(?)には好適ともいえますね。

この記事へのトラックバック