MODEMOの驚異とデハ200


 今回はMODEMOの思い出と新車の話です。

 20年の中断期間の間、完成品の車両ラインナップやメーカーの勢力図には大きな変化がありましたがその最たるものとしては中断時にはほとんど存在しなかった軽快車両や路面電車がそれだけで1ジャンルを形成するほどの勢力となっていた事です。

 かつてはKATOの「ちび●●」シリーズといったティンプートトイ一歩手前の物しかなかったのですが、再開した頃には艦船モデルで有名な長谷川製作所がMODEMOブランドで江ノ電や路面電車を続々ラインナップしておりジャンルがかなり魅力的となっていました。

 殊に重要だったのは江ノ電や東急300といった連接車の走行性能の秀逸さです。
 急カーブが多く、通電が不安定になりがちなレイアウトにとって小型でもスムーズな走行が可能という事は大きな意味がありました。

 このために今のレイアウトも着工当初はこれらの軽快車を主体に走らせるレイアウトという方向でスタートしました。
 言い換えれば当初は20メートル級の編成物はあくまで「路面電車の添え物」といった位置づけだった訳で現在のレイアウトが規模の割に本線が単純なエンドレスとなっているのは主にこのコンセプトに起因しています。

 ですがここ1・2年は編成物が凄まじい勢いで増備され、運転の中でも軽快車との運転比率が逆転してしまっているのはなんとも皮肉な話です。

 そんな訳でMODEMOの路面電車・軽快電車のシリーズはこの趣味を再開したとき以来の付き合いで(笑)最初に東急300を入線させてその走りに驚かされて以来随分お世話になっています。

 それだけにそのMODEMOの100番目のラインナップとなるたまでんデハ200には非常に期待してリリースを心待ちにしておりました。

 今日になってやっと物が入荷し試運転の運びとなった訳です。

 元が小柄な車体なのでしょうがこれまでに出た300や80と比べても車体の断面積がかなり小さめに見えます。それでいてかなりゆったりとした走行が可能な上にヘッドテールランプ点灯(MODEMOでこれが出来るようになったのはごく最近ですが)
 
 MODEMOとしてもかなり気合いを入れて作ったのが良く伝わってくる好モデルでした。

 それにしてもただでさえ今月は中古の出物が多かった上に給料日前のこいつの入線ははっきりいってかなり痛いです(涙)

 試運転時の動画です。
http://www.youtube.com/user/yuuzuru17#p/a/u/0/5NbYP02oaTc

この記事へのコメント

2010年02月22日 18:31
私も復帰時に最初に買ったのが世田谷線300形で、小径車輪とスムーズな走りには驚きました。
路面電車の類は、編成ものと違って走らせると周りに建物がほしくなってくるのが不思議です。
2010年02月22日 20:35
>ミリバールさん

>路面電車の類は、編成ものと違って走らせると周りに建物がほしくなってくるのが~

 そこが路面電車の魅力であり怖さでもあるような気がします。車両のみならず建物類の衝動買い&スペース無視の工作をやってしまう怖さが(汗)
2010年02月23日 00:40
やっぱり買っちゃいますよね。>玉玉

物凄く亀レスで申し訳無いのですが、富のCタンク。
羨ましいです。

光山市さんのブログを拝見するまでこの存在を知らなかったのは内緒にしておきます・・・・
移動なんかでちょっと時間が出来た時に携帯プチプチしても全く見つからないですよね。

某観光地を走ってた『ゲテモノ路面電機』の足回りに使えそうなので、時間が出来たら秋葉の中古屋を徘徊してみようかな。。。
2010年02月23日 21:50
>芋さん

 たまでんの登場で当軌道線で絶大なシェアを誇る東急(笑)のラインナップがまた充実してしまいました。それなのに駅や停留所が江ノ電基準でホームの高さを決めてしまったので停車しても乗客の出入りが出来ない状態です(汗)

 Cタンクですが、発売当時はNゲージャーよりも16番ナローのモデラーがコッペルの足回り用に良く使っていた様なのでその方面から当ればあるいは安価に入手できるかもしれません。

この記事へのトラックバック