オート3輪のミニ加工

 先日購入のカーコレのダイハツCO-8。
 これの前輪部はスナップ式の取付で引っ張ってこじると案外楽に抜けます。

 抜けた前輪は全部と後部に爪がついているのが確認できたのですが、どちらかの爪を取り去ると車輪の向きを変えられる様です。
 もちろん可動ではなくステアリングを切った状態での固定となりますが、それだけでもレイアウトやジオラマでは使えそうです。

 というわけで早速一台加工してみました。作例では前側の爪を取り去っていますが前側の爪が前輪の軸と一致しているようなので後ろの爪を取った方が理に叶っているかもしれません。
 こうして前輪を曲がった状態にして接着します。

 カーコレ等のステアリングを切った状態でのディスプレイする作例は他でも目にしますが、今回のオート3輪は見た目の効果がはっきりな上に加工自体が1分もあれば出来てしまう手軽さなのでかなり使えそうに思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
 現在参加中です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック