ローカルレイアウト・着工編


 先日コンペで努力賞を頂いた900×600のサイズのローカル風景主体のレイアウトの製作について少しづつ上げてゆこうかと思います。

 今回の製作に至る経緯ですがこれまで都会・都市近郊風のレイアウトやセクションしか作って来なかった反動から徹底的にローカルなレイアウトにそろそろ挑戦したいと3年ほど前から考えていたのに加えてここ1・2年のジャンク・中古車攻勢の中で単行DCやローカルにしか向かない物が増えていた事がかねてからの状況としてありました。

 そして何より直接的に私を後押ししたのが昨年春に亡くなった家族が生前「一度温泉地へ旅行がしたい」と言っていた事です。
 その願いは叶える事ができませんでしたが、せめてその風景だけでも霊前に供えたい気持ちもありました。
 これらの要因が重なり今回の着工となった訳です。
 
 作る以上はこれまでの様なあいまいなコンセプトでは意味がありません。
 少なくとも地域・季節の設定は明らかにする方針で臨みました。



 純粋な温泉街はスペースの問題もあって難しいので手前側の隅に旅館を配しそこから風景を見下ろす形としました。又、奥側には出来る限り高い山を配し手前側は田園風景とする事で風景の立体感とメリハリをつけ、その二つの地形の緩衝にU字型に川を配する事にしました。

 季節の設定は3月下旬の早春。溶けかかっているとはいえ、まだ積雪がぎりぎり残っている時期を選びました。個人的に好きな季節である事もあるのですが、ここでは「長い冬が終わり少しづつでも春が近づいてくる」とのメッセージ性を持たせたいと思いました。

 以上のコンセプトに基づき昨年の暮れに設計と製作をスタートさせました。
 
 TMSのコンペへの参加はこの時点では漠然としたものでしたが参加を考えるようになったのは地形が徐々に出来てきた3月以降になって物です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

現在参加中です。ご参考になったり、良かったと思われたならクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2010年08月28日 14:27
新シリーズとしてのローカル(田園)レイアウト、期待しています。
ローカル線が走る田園風景、どんなふうに作成されるのか楽しみです。
2010年08月28日 15:39
>杉やんさん

 今回の製作記は他の題材等とミックスしながら週1回か2回位の頻度で入れて行く積りです。

 よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック