KATOのD51498にやられる・1


 先日、この時期恒例の研修会で御茶ノ水へ行った折にこれまた例によって空き時間を使って模型屋を見て回ってきました。暫くはその辺りの報告が多くなります(笑)
 最初に待ち合わせ場所に指定された高尾山付近。
 12月だというのに見事な紅葉に驚かされました。今年も後一月のはずなのに。
 尤も私の近所も似た様な物なのですが・・・

 これまた久しぶりの銀座の時計店にて。たまたま私が入店した折に入荷したというモデルを購入しました。
 よく考えてみたら4階のエバーグリーンには良く行くのですがこの店で新車を購入したのは今回が始めてだったりします(汗)

 モノは前日にリリースされたばかりというKATOのD51498号機。
 前のC62の時も衝動買いに近い買い方でしたが今回もやられました。実はKATOの旧製品のD51は複数入線しており今更追加する気もなかったのですが実物を見たらついむらむらと(大汗)

 最近のKATO製品らしさ(その高価さも含めてですが)を最も良く表しているモデルと思います(続く)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

現在参加中です。ご参考になったり、良かったと思われたならクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2010年12月03日 20:00
D51498を購入されましたか。
私は、迷ったんですが、旧製品が3台あるので止めて、C55を予約注文しました。
このD51、買おうかなぁ~、ちょっと高いけど・・・。
2010年12月04日 21:40
>杉やんさん

 今回のD51は旧製品と混じって運用するには差が大きすぎるのが難ですが、モデルとしては十分にお勧めできると思います。

 それにしても最近のKATOのリニューアル攻勢は凄いですね。次はC11辺りでしょうか。

 とはいえ、C55も端正な雰囲気が感じられて好モデルと思います。

この記事へのトラックバック