プライザーのカメラマン


 今回見つけた中で一番感心したアイテムがプライザーの人形でした。

 秋葉原のショップの地階(輸入品アイテムのあるフロアです)で見つけた物です。
 レイアウト用の「カメラマン」と言うアイテム自体はこれまでもプライザーから出ており、私も以前入手しこのブログで紹介した事があったと思います。

 その後アイコムから同種のアイテムが登場し最近ではトミーテックの「ザ・人間」でもリリースが予告され、さしものプライザーの優位も続かないかと思いかけていました。

 今回見つけたアイテムはポポンデッタでは「鉄道写真を撮る人」という商品名となっていますがフィギュアを見る限りカメラだけでなく肩のせタイプのカムコーダやハンディカムらしきものを持った人も交じっています。

 感心させられたのはそのポージングで「カメラを構える」人物はほかでも見掛けるのですが「撮った映像を再確認している」ポーズの物や「これから被写体に向かおうとしている人」というのをきちんとモデル化している点で後発メーカーへの大きなアドバンテージになっていると思います。

 価格的には決して安いとは言えない(ザ・人間の1.2~1.5倍以上)のですがラインナップの多様さと細やかさゆえに他社が追随しにくい事を考えれば十分にリーズナブルと思います。

 それにしても他のアイテムを見ていても思うのですが欧州メーカーは侮れません。同じ店舗ではファーラーがHOスケールのウォーターライドらしき物を売っていましたし(大笑)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック