ローカルレイアウト製作・15・安直に川を作る(汗)


 クリスマスイブだというのに今夜もローカルレイアウトの製作記を上げさせて頂きます。
 (実はさっきまで家族と一杯やりながら寿司やらオードブルやらつまんでおりました。どれもこれもスーパーのおつとめ品ですがイブともなると売れ残りでも豪華なものが並びますね。そんな訳でこちらの更新も一杯気分が抜けなかったりしますがご容赦願います)

 今回は川の製作です。
 鉄橋が二つも架かるレイアウトなので川も当然必要です。本来ならこの種の峡谷風の地形ならばきちんと川底を作る所から始めそうなものですが、以前モジュールで川を作ったときと同様な方法を使いました。
 安直かつお手軽なやり方です。
 上の写真の通り、川の部分はプラバンがベースです。ここに水の色をアクリル絵具で着色しました。

 水の色が青みどろ色ですがこれは私の現住地の川の色に拠った物です。地方が違うのですが、春になると大体こういう緑色になります。が、北国の川もこんな緑色になるかどうか(汗)

 おまけに私の子供の頃の故郷の川は鉱毒水が流れ込んでいたのでいつも赤茶色でした。
 おかげで自然な状態の春の川の色の記憶が無いのが辛い所です。

 影の部分は少し群青を混ぜてトーンを変えています。
 岸辺の砂利はバラストの余りをブレンドしたものです。色はやや不自然ですが後でこの上から雪を散布する心積もりです。

 カラーの乾燥後にクリアボンドを塗布し、その乾燥後に水性ニスを重ね塗りして完成です(水性ニスは後から重ね塗りでつやが取り戻せるのと水のような表面が作りやすいのでよく使います)
 ここは自分のめんどくさがりと不器用さが一番よく出ている所ではないかと(汗)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック