縁側の実験線(笑)


 先日製作したお座敷運転用の実験線ですが、長さが1・8メートルある事とフィーダーが取り付け済みな事もあってパワーパックをつなげばそれ単体でも機能します。
 エンドレスではありませんから当然行ったり来たりしかできませんし、その性質上機関車の単機回送か単行ディーゼルカーなどの往復運転になりますが、やってみるとこれが意外になごめます(笑)


 家の縁側に線路を持ち出して「日向ぼっこしながら機関車を転がす」というある意味じじむさい事もできます。
 が、これが結構のどかでのんびりした心持ちになれるのです。実験線の大径S字カーブと小型機関車の相乗効果で見ようによっては「田舎の突堤をとことこ流している」雰囲気になります。

 これなら設営の手間も撤収の手間もそれ程掛からないので、気が向いた時にいつでも気分転換ができるので悪くありません。
 
 ですが、こうなってくるとそろそろ線路しかない殺風景さが気になって来ます。
 カントかバラストの追加のし時かもしれません。

 動画です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック