あれから11日目・亡父の遺したもの


 今日は朝から雨が断続的に続いています。
 私の所でも肌寒さを感じるのですが、故郷の方は雪混じりの降りとの事で被災地なども大変な事と思います。

 昨日は10日ぶりに救出されたお年寄りと孫のニュースで持ちきりでした。条件もあるのでしょうが感動的な話です。

 そんな中、沿岸部で被災していた親戚とも連絡が取れたとの電話が実家から届き、私の方も少し安堵しました。
 聞く所では最初は家族がばらばらの状態で互いに心配していたとの事でしたが、昨日にそれぞれ別の避難所にいた事が判明しやっと一家顔を合わせられたそうです。
 その話を聞いたときには年甲斐も無く電話口で泣きました。嬉しくて泣くというのは子供の時以来無かった気がします。

 ただそこでは車も流されてしまったそうでこれからが大変との由。

 そこで、昨年暮れ亡くなった私の父が使っていた車を急遽実家から廻す事になりました。
 実家では運転できるものがなく、3月中に処分する方向でいた車ですが意外な形で役立つ事となった訳です。

 亡父も自分の最後の愛車がよもやこんな使われ方をするとは思わなかった事でしょう。
 しかしそれだけに本望だったと思います。

 後は彼の地の燃料事情が少しでも改善すればと思います。
 私の所では一頃ほどではないですが、休業中のGSがまだ見かけられます。パンとインスタントの品不足も相変わらずですが牛乳は地元生産のものを中心に徐々に並び始めました。

 とはいえ心配事がなくなったわけではありませんし、余震も相変わらず活発です。

(写真は本題とは関係ありません)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2011年03月21日 17:03
こちらのほうでは食料や水、燃料といったものは品不足にはなっておりませんが、懐中電灯と単一の乾電池が入手困難になってます。
被災地へ送るためかそれとも明日はわが身と危険を感じての対策と思われます。
うちも緊急時のバックを今一度確かめているところです。
2011年03月21日 19:02
>朝焼けの狼さん

>被災地へ送るためかそれとも~

 現在東北の被災地は一部を除いてゆうパックや宅急便の受付ができない状態ですので送るというのは考えにくい気もします。
(当地でも救援物資の受付はやっていますが毛布やオムツなどが主体で電池は無かったと思います)

 とはいえ、緊急用の資材を補充しておく事自体は悪い話ではないと思います。

 何しろ複数の地方にまたがっての大震災というのは国ですら碌に想定していなかったでしょうから…

この記事へのトラックバック