今月の思い出話・C52に誘惑される・1


 今回は久しぶりに思い出話をします。長い上にまとまりに欠けますがご容赦を。

 「好きな蒸気機関車は何ですか?」と訊かれた時、皆様は何を挙げられるでしょうか?
 昔の私ならばおそらくD51かC58辺りを挙げたと思います。ですが今の私は迷わずC52を挙げます(笑)

 この機関車は当初8200としてアメリカから6両輸入された3シリンダ機。聞くところでは国鉄最後の輸入蒸気機関車だったそうで後のC53を作る際の手本となった機種だそうです。
 後に改造されて瀬田ー八本松間の補機として活躍。もともと実験機としての輸入機だったせいか廃車時に1両も保存されなかった残念な末路を迎えたとの事です。

 ところがこのC52、ご存知の向きも多いと思いますが書籍・雑誌に写真が載る事の実に少ない機種である意味「幻の機関車」ともいえるものでした。
 私も子供の頃は当時の図鑑や入門書などを見ながら「C51やC53は見るのになぜC52だけ無いのだろう?」と不思議に思ったものです。

 そんな折に(確か誕生日のプレゼントだったと思いますが)「昭和鉄道史」という本を買ってもらいその本に1枚だけですがC52の写真が載っているのを見つけました。
 ですが子供のこととて当時は「なにかぱっとしないSL」という感じを持ったのを覚えています。

 何しろ当時はSLといえばデゴイチ、シロクニという大スターの人気が最高潮だった時期(当時の関水金属ーKATOのラインナップもこの2機にC11があっただけでした)補機専門のC52がぱっとしない印象を持ったとしても仕方が無かったかもしれません。しかもC58やC51などの純国産機に比べるとC52のデザインはどことなく異様な感じがあったのも事実です。
 とにかくその時はC52との邂逅はやや期待はずれに終わり、私の記憶からもC52は急速にうすれて行きました。

 そして20年以上の時が流れ、中断していた鉄道模型も再開してしばらくしたある時に何の気なしに「昭和鉄道史」を読み返して再びC52をみた時、
 「こんなにかっこいい機関車が日本にあったのか!」とショックを受けました(笑)

 子供の頃には気付きませんでしたが、元々がアメリカンなロコで国産機にない独特なプロポーションだったのが改装によってあちこちに和風(笑)味付けが加えられた事で日本ともアメリカともつかない独自の個性と不思議なかっこよさを身につけた機関車、それがC52だったのでした。
 思えば、あの頃は蒸気機関車といっても形式を覚えるのが精一杯で機種毎の個性なんていうものをなかなか把握できなかった(大体当時はC55とC57の区別がつかなかった位ですし)訳で、プロポーションと補機類・パイピングのバランスで機関車の美しさ(好み)を捉えられる様になるにはそれなりに経験と知識の積み重ねの期間(笑)が必要だった気がします。

 それは置いておいて、とにかく40過ぎになって改めてC52にとりつかれた私がマイクロのC52と元の8200を入手するまでにはそれほど時間は掛かりませんでした(笑)


 ですがC52の探索はこれで終わりませんでした。これについては最近思いかけない展開があったのですがそれについてはまた。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック