今月の思い出話・C52と「蒸気機関車」


 前回の続きです。
 上の写真はC52の原型である8200のマイクロのモデルです。これだけ見ると見るからにアメリカからの輸入機という風情ですがこれが後の改造でスチームパンク風味のサイボーグみたいになってしまうのですから不思議なものです。

 今回はまず、余談から始まりますが河野転生の「機関車、草原に」というSF小説で近未来、極冠崩壊による高潮で放棄され廃墟と化した東京で、元機関士の老人が浮浪児たちと共にレストアした蒸気機関車で旅に出るという話があります。この作品ではD51・C62・C57と共にC52も登場するのですが、扱いは小さいものの恐らく小説でC52が登場するのはこれ位ではないでしょうか。
 ただ、残念な事にはこれが書かれた当時ですら当のC52は全機廃車され現存していない上に重量などの関係で元々東海道・山陽本線しか走れなかったらしいC52が沿岸部のローカル線を走ろうとするという設定にも無理があるのですが、それでも私にとってはこの作品もC52に関心を持つきっかけとなったものとして印象に残ります。

 さて、モデルは入線させたもののその時点でもC52の実物の手元にある写真は「昭和鉄道史」掲載の一枚だけでした。
 モデルを入線させて改めてC52の魅力を確かめた私でしたが、どうしても実物の写真や資料が欲しくなりいろいろ探したのですが、見つからなかったりとんでもなく高価だったりとこれまた難航しました。

 それでも探し始めて2年位経った今年の初めにやっと「蒸気機関車」という雑誌でC52・53の特集号があるのを見つけました。定価より高かったですがそれでも他の資料や写真集に比べるとはるかに安価だったので助かりました。

 この雑誌では補機として活躍するC52の姿が数ページに渡って記載されていますが機関車の性格上列車を後ろから押す姿(つまり前面がまるで見えない)が多かったのが残念でした。
 それでも他の機関車とは違うC52の魅力に酔っ払うには十分なものでした。

 これによると補機として峠での後押しを専らやっていたC52ですが頂上まで列車を押し上げた後は下り坂を単機で一気に駆け下りていた(ただしバックでですが)とか。なにやら頭文字Dの86トレノを連想しますが単機で疾走するC52というのは一度見てみたかった気がします。

 さて、この特集が載っていた「蒸気機関車」ですが、このとき始めて手に取って見た雑誌です。
 他の記事などにも目を通してみたのですがマニアックさとポエジーさのバランスがよく取れている印象で最近のはもとより当時のジャーナルやファンとも違う雰囲気のあるものでした。
 
 実はこの雑誌そのものについても後に展開があったのですがそれについてもいずれまた。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2011年04月24日 01:26
始めまして。ブログ村から参りました。
C52は確かに過渡期というかテストパイロット的存在と云った存在ですよね。そこがファン心理をくすぐる…トコロでもありますね。
売る覚えで地震がないのですが、NHKの早朝に放映されるSLの番組でセノハチが出る場面があるのですが、自動解放して行く補機がC52だったかもしれません。責任は持てませんが…(笑)。チャンスがあったらチェックしてみてください。
2011年04月24日 18:21
>東本郷さん

 コメントありがとうございます。

 当時の最新鋭メカニズムのテスト機としてのデビューから補機としてひっそり消えて行ったその一生も日本の蒸気としてはドラマチックな存在だった気がします。
 そんな所も魅力かもしれませんね。

 番組の方も今後チェックしてみます。

 そちらのブログも拝見しましたが、あらゆるジャンルで楽しい雰囲気が伝わってきますね。これからもお邪魔させていただきます。

 こちらのブログは共通項が鉄道模型というだけで細かいジャンルがあっちこっちへ飛んでしまいやすいのですが(汗)よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック