Zゲージが来た日・1



 5月の連休、どこのショップでも特売やフェスタが行われていましたが、今回の買出しツアーで見つけた物は中古の、それもトレンドから外れた物(新幹線もなければ「さよならシリーズ」もなし)ばかりでした。

 最も本人の満足度だけは無闇に高いのですが…

 今回はその最後の大物の話です。

 中古ショップで安価な出物を見つけて飛びついたニュープロダクツ。
 正に衝動買いですがそうさせるだけの安さだった事も事実です(汗)それとZゲージについては個人的な目論見もあっての事ですが。

 クラウンモデルの「PRMLOCOスターターセット」
 220分の1のZゲージのセットです。

 車両・レール・パワーパックの一式揃ったセットはマルイのPROZのジオラマベースにもありますが流石にあそこまで大掛かりだと大きすぎて持ち帰れません。特に県境を越える様な買い出しだと(笑)
 その点こちらのセットはTOMIXの同レベルのセットの3分の1位のパッケージ容積で手に取った瞬間にZゲージのメリットが感じられました。もちろん持ち帰りも手軽な物です。

 車両はEF64 1000番台とコキ104の組み合わせ。
 Nに比べて感覚的に3分の1位の体積に感じられますが造形自体は20年前のNのモデルと同等位に感じました。

 線路はファイントラックに酷似した接続システムで極めてかっちりしておりメルクリンミニクラブよりよほど信頼性はあります。又どの線路にもフィーダーが付けられるのはTOMIXと同じですが接続部の枕木部が外せるようにして違和感を消しているのは進化です。
 そんな訳でコタツの天板上に試しに線路を配置してみました。
 走りやパワーパックについては次回に。

 説明書の挿絵。
 鉄道むすめの洗練された絵柄を見慣れているとかえってこういうのが新鮮かもしれません(笑)

 と、いいますか30年前の家電の説明書を髣髴とさせるイメージです。

 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2011年05月14日 23:19
こんばんは。

Zゲージですか。
パッケージを見ると欲しくなる気持ちがわかります。

Zゲージは、だいぶ前ですが、天賞堂が盛岡の○徳デパートへ出張販売に来た時に、展示販売していたブルトレセットが最初でしたが、Nにも引けを取らない作りと感じました。
Nとはまた違った楽しみ方があるかも知れませんね。
2011年05月15日 11:19
>hidakami さん

マルイのPro-Zに比べるとクラウンのセットは見掛けないですね。
実は今回初めて現物を見つけ即購入という離れ業だったりしました。(^_^;)

Zについては今後の展開に不安要因もあるのですが昔のNの持つ素朴さが感じられるのが魅力の一つですね。

この記事へのトラックバック