復興応援モデル・三陸鉄道36形


 上の写真は3年ほど前の帰省の折に久慈へ出掛けた時のものです。
 この写真の場所、今ではどうなっているのか。
 一刻も早い復興を祈らずには折れません。

 さて、このときの思い出ですが昼食を取りに立ち寄った久慈の道の駅で「鉄道むすめ」のコーナーが出来ていたのに驚いた記憶があります(笑)
 当時はこの事が地元の新聞の1面を飾った事もあるそうですが、トミーテックと三陸鉄道はその頃から繋がりがあった訳です。

 聞く所では8月にTOMIXから三陸鉄道復興応援特別品がテックステーションにて限定発売されるとの事です。
 製品は36-100番台。トレーラーとの事です。
www.tomytec.co.jp/tomix/world/topics/infosanriku.htm


 36形といえば当レイアウトでも数年前動力車が1両入線しています。
 実は36形は故郷の中古ショップを始めあちこちで中古を見かけていたのですが2両セットというのがどうにも手が出しにくく(何しろどうやっても動力車が1両余る)これまで購入を見送ってきた経緯があります。

 今回の製品、復興支援の一助であると同時にこの36形とのペアとしての意味も込めて受付が始まったらすぐにも予約する心積もりでいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2011年05月25日 22:42
こんばんは。

私も、この「三陸鉄道 応援復興モデル」の予約が開始されたら、即、予約する予定でおります。
現在所有のT車とM車の2両セットの増結用としてもいいと思ってます。

金額は大した額では無いのですが、少しでも「三陸鉄道」の復興の手助けになればと願い購入しようと思います。
2011年05月25日 23:24
>hidakamiさん

 ヘッドマーク付という事なので特別編成の3連という運行もできそうですね。

 この種の復興応援グッズは他ジャンルにもありますが被災地区の車両のモデルというストレートな形でのアピールは鉄道模型ならではと思います。

この記事へのトラックバック