非日常の貨車・Wのシキ


 最近のN車両は特にマイクロエースとトミーテックの活躍(笑)もあって「まさかこんな車両が」というのが製品化(それも量産品として)リリースされるので驚かされる事が多いのですがやや古い製品とはいえ、これなどはその際たる物と思います。
 昔の鉄道図鑑などでは貨車の項の最後辺りに大抵載っていた「大物車」
 田舎出身の人間はまず見る事が無いであろう異様な迫力を感じさせる車両に子供の頃は「こんな化け物みたいな貨車がこの世にあるのか」と唖然とした記憶があります。


 それから十数年後、TOMIXのカタログでごく小規模ながらこの「大物車」シキ1000がラインナップされたのを見た時には「Nもここまで来たのか」と感心しました。
 尤も、このタイプは16番では既にエンドウが製品化していましたから感慨と言っても「Nのラインナップが16番のそれに追いつきつつある」と言った意味でしたが。

 モデル自体は昨年中古を入手したものです。実際、こういう出物でもないとなかなか手が出ない車両ではあります。

 それから更に経って、知り合いが「当分使っていいよ」と貸し出してくれた車両。
 なんとそれがマイクロの「シキ800」!先述のシキ1000が積載重量が最大55tだったのにこいつは最小でも140t最大で160tを積み込む「化け物」です。
 まさしく子供の頃に図鑑で見た「大物車」そのものでした。

 おそらくどこでも買える量産品としては初の製品化ではないかと。

 モデルを見るとまるで全身が台車で出来ているのではないかと思えるほどの「ムカデ状態」。それだけにちょっとやそっとでレールに載せるのは困難でした。
 早速走らせるとカーブでのジョイント音と車体の曲がり具合がまるで「走るお祭り騒ぎ」。楽しいことは楽しい車両でした。

 ただこの車両、かなりシチュエーションを選ぶ機種の上に先述の通りレールに乗せる手間がかなり馬鹿になりません。
 貸し出してくれた知り合いはレイアウトも持っていないので1・2回走らせた後は結構持て余していたようですし(汗)

 目立つことは目立つ上に走行風景自体が「非日常感全開」の車両でもあるので運転会向けの一種のお祭り車両とは言えそうです。

 次回の運転会に持ち込んでみようかと(笑)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2011年10月10日 07:41
こうして見ると、結構デカいんですね!
ホント、ジョイント通過音がどうなるのか、ちょっと聞いてみたいです。僕も買おうかな~。
子供の頃、阪急西宮の近くの国鉄線?に留まってるのをよく見ました。まだあるかな? 重量感と車輪の多さに感動したものでした。
2011年10月11日 18:30
>Bob。さん

 ジョイント通過音はそれは賑やかです(笑)
 それと台車とフレームの構造の複雑さから曲がる場面自体が貨車でありながらどことなくメカニカルな雰囲気なのも面白いポイントでした。
秋津のOB
2021年07月26日 08:30
ここにも失礼します。短くするはずが無駄に長いです……毎度毎度。

さてこのシキ800も運用中です。出番は多くないですが一部の蒸機に大抵の電機ディーゼル機関車、自由型の小型機関車にも繋げて遊べるゆえ重宝な形式と思います。ケースからの出し入れが難所で、毎度毎度ハラハラします。若干でも楽にすべくビニール袋を切り出した帯を2本長めに用意しました。車体を2回巻ける程度の長さです。

収納時はこの帯をウレタンの切り込み、テキトーな箇所に敷いてから車体を慎重に押し込み、帯が上下均等にはみ出すようにします。出す時はこの帯を摘んでなるべく車体自体を直接摘まず左右交互に引き出してます。あるいは3〜4本に増やしても良いかもしれません。

当方の機関車はTNとナックル系が混在しているので、KATOヨ6000旧仕様を追加してTN&ナックルの控え車としました。ケース内には充分な余裕ありますし。遠方の貸しレイアウト乗り入れ時にはなるべく荷物を減らしつつ、機関車を取っ替え引っ替えして遊べる切り札としてます。機関車の運動不足解消の切り札でもあります。

このセットは前後の緩急車にヨハチが2両付いてますが、写真を見るとワフなど他形式が使われ前後で異なるのもあるので、緩急車の出番不足解消にも有効です。

蛇足の余談ですが、記録映画「68の車輪」という特大輸送を記録したものがYouTubeにあります。柏市の郊外へ大型変圧器を運ぶものでした。常磐線でゲタ電やD51が走っている頃、郊外は未舗装の道が当たり前な時代です。シキ600が冒頭に出ており変圧器製造工場から柏駅まで担当しています。

メインは日通の専門部隊による道路輸送でした。シュナーベル式トレーラー2台で変圧器を挟み、後方トレーラーはキャブ屋根に仮設した後退運転用の露天運転席から操作。今では見られない情景でしょう。45分ばかり掛かりますが鑑賞をお薦めする逸品です。
光山市交通局
2021年07月27日 20:44
>秋津のOBさん

私のシキ800は借り物だったので今は手元にないのですが「リレーラーを使っても線路に載せるのが大変」だった印象が強いですね。
 しかもモデル自体も結構軽かったので不思議と華奢な印象があります。
 Zゲージではメルクリンミニクラブにこのタイプの大物車があるのですが、これが思いっきりが良いというか14組の車輪の殆どがダミーで実質4軸ボギー車になっています。
ただ、車体の連接構造故に急カーブに強く、しかも見栄えがするので運転会ではよく使う様になりました。

「68の車輪」~
この種の貨車を「雑誌か図鑑でしか見た事にない身にとっては嬉しい映像ですね。
シキも珍しいですがあの多軸トラックも図鑑で見て以来久しぶりにお目に掛かりました(笑)

この記事へのトラックバック