「あの頃」のTMS・とれいんから


 今日は久しぶりに昔の雑誌を読んでいて思うことから。

 昭和40年代前半くらいまでのTMSでは天賞堂が「トリック・ジオラマ写真コンテスト」をやったり、台車を買うと103系のペーパー車体がおまけに付いてきたり、レイアウトのオーナーが蔵書票よろしく「自分の鉄道の切符を製作したり」あるいは全く畑違いの専門を持つファンの座談会を掲載する。
 あるいはウィットに富んだ「鉄道模型講座」(あまり本気で読まないように)が開講されたりと今読んでも面白い物が多かったと思います。

 とにかくあの頃のTMSはどれを読んでも刺激に満ちていました。
 それに近い雰囲気は80年代前半の「とれいん」(こちらでも「模型を使ったゲーム」や「お菓子屋や葬儀屋の店頭デモのレイアウトの記事がありました)や90年代のRM MODELS(プラレール特集などは専門誌としてはかなり思い切った企画と思います)にも共通したものを感じます。
 それらに示されたコンセプトや新機軸は今の目で見ても新鮮かつ溌剌としたものでした。

 この独特の元気さは「鉄道模型」そのものがジャンルとして勃興期~発展期にあった事とも無関係ではないと思います。
 70年代のトミカ、70年代後半から80年代初めにかけてのアニメブーム、あるいは90年代のミニ四駆でも同様の熱気があったと思います。。

 この自由闊達さが失われてどれ位経つのでしょう。
 もし、趣味としての鉄道模型が進歩しているというのなら何故40年前のTMSや25年前のとれいんが新鮮に感じられるのでしょうか。

 単なるレトロ趣味と違う何かを感じない訳にはゆきません。

 ひとつ思ったのですが当時のTMSを読んで気付くのは例えば、それが16番の車両工作の記事であっても前振りとして製作者の趣味に対するスタンスの表明や自分自身の模型史が語られている事が多かったと思います。
 最近の専門誌では同じ性質の記事でもいきなり技法の発表やプロトタイプに対する思い込みばかりが語られる事が多く、まるで文字で書かれた設計図を読まされている印象の物が多いと感じます。

 そういえば、「ミキスト」をはじめ「私の鉄道から」「鉄道模型相談室」といった頁は少なくてもビギナーへの気配りのあったある意味TMSの骨格を支えてきた随筆やコーナーはここ10年程でほとんど全滅している状況です。

 毎年行われている「コンペ」の発表に付いてもそれこそ70年代終わり頃までは入賞発表では本誌の3分の1位のボリュームが割かれ個々の作品一つ一つに講評が付いていたのに今では数枚の写真の羅列ばかりでなってしまい、個々の講評がない入賞発表なのが気になります。

 順位は低くともどこに問題があったのか、どこが評価されたのかが語られなければ次回への意欲も育ちません。
 この手応えのなさは工作派のファン(うまい下手は別としても)ほどフラストレーションのタネになっているのではないかとも思えます。

 今思うと「あの頃」は発展期・成長期だからこそ趣味や楽しみ方のポリシーを一人一人が自分なりに考え、表明するというスタンスが取りやすかったのかもしれません。

 それゆえに路線の違いによる論争もありましたが今見掛ける様な揚げ足取りや陰湿さはそれほど感じられず「理論と理論、ポリシーとポリシーのぶつかりあい」は見ていてむしろ気持ち良さすら感じました。

 この自由さ、この熱気を鉄道模型は再び取り戻せればもっと面白くなると思えるのは私だけでしょうか。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2011年10月20日 20:37
全くおっしゃる通りで、昔の誌面は良くも悪くも、
自分の「模型論」を語る場でした。
今はどのパーツを付けたとか、組立説明書ですね。
また、技法を詳しく説明する記事も減りました。

雑誌社の内情は知りませんが、どうも意欲が薄いような
気がしてなりません。
その気になれば「この技法を解説して」などと
著者に注文付けることなどたやすいはずです。

今では投稿した文章がそのまま載ります。
少なくとも、編集方針に合わせて若干の推敲、加筆などは
あるべきではないかと思っています。
スポンサーの意向を気にするようなものでもないと思います。

雑誌はモデラーの牽引役になるべきだと
常々思っております。
2011年10月21日 18:57
>今では数枚の写真の羅列ばかりでなってしまい、個々の講評がない入賞発表なのが気になります。

代弁ありがとうございますw
結果はともかく、コンペに参加しても手応えも何もないんですよね。
佳作以上の作品ですら、グラフティ―どころか記事になっても作品について第三者が作品を評価する記載が無いのも物足りないと思います。

>今見掛ける様な揚げ足取りや陰湿さ

技術的(工法とか素材とか・・・)でバトルを繰り広げるのは有意義だと思うんです。
ただ、自身が興味の無いジャンルにまで首を突っ込んでくるおバカちゃんが本当に多いですよね。
興味無いなら見なきゃイイのに・・・と。。。

ハンコをついた様な横並びの模型趣味ほど見ててつまらないモノは無いと私は思うのですが、そう思わない人間の方が多くなってしまったのでしょうか?
2011年10月21日 23:24
>初瀬朝日さん

 最近の専門誌を読んでいてフラストレーションを感じるのが「紙面のルーチンワーク化」です。

 単なる情報や技法の羅列であればネットやブログのサーフィンでも代用可能(時にはそちらの方がはるかに面白かったりします)なので「専門誌でなければできない事の探求」が欲しい所ではありますね。
 
 モデラーに限らず「趣味人の生き方・ポリシーの持ち方」を考えさせる紙面づくりができないものかというのは常々思う事です。
 モデリングでも細切れでない「技法の体系づけた解説」が欲しいですね。

(以前は編集部によるNレイアウトや16番バラキット、果てはライブスチームキットの製作解説記事がよくあったものですがこういう物でも有るとないとでは大分違うと思います)
2011年10月21日 23:32
>芋さん

>第三者が作品を評価する記載が無いのも物足りない~
 以前はこういう部分に多くのページが割かれ参加していない人が読んでも勉強になり且つ楽しめたものですが…

 今日購入したある専門誌などは「製品紹介」だけで全体の五分の一くらいのボリュームがありました(広告ページもそれくらいある雑誌)なので他の記事の圧迫が多そうな気もします。

>ハンコをついた様な横並びの模型趣味ほど見ててつまらないモノは無い~

 専門誌だけ読むならそういう印象になると思います。むしろ最近面白いのは一般向けの雑誌や新聞の鉄道模型を扱った記事ですね。

 書き手の事実誤認や細かな理解不足があるのを認めたうえでも「鉄道模型の素朴な楽しみ」を理解しようとする姿勢がある記事が多く、その意味では救いとなっています。

 (案外専門誌が取り上げないジャンルも公平に扱いますし)
2011年10月22日 08:42
僕も何冊か古いものをもってるんですが、最初開いたときに「何か違うな~?」と思ったら、TOMIXやKATOの製品が全く載ってない時代のものでした。
載ってる模型は全部大きいゲージのものばかりで、作ってる人や雑誌社ののポリシーが熱く語られてる印象で、それはそれで読んでて面白くて、とても新鮮だと思います。
でも、古いとはいえ中古屋さんで買うと新しい本と値段が変わらないんですよね笑、もっぱら立ち読みで楽しんでます。
2011年10月23日 23:16
>Bob。さん

>TOMIXやKATOの製品が全く載ってない時代のもの~
 すると昭和50年頃以前の雑誌でしょうか。

 専門店ではこの種の古書は結構な値段がしますね。
 ですが地方のBoo●Offあたりですと105円で叩き売られている事も多い(おそらく本の状態で値付けしているからではないかと思います)ので
その辺りをテックしてみるのも一法かと思います。

この記事へのトラックバック