メルセデスベンツ・ウニモグの陸軌車

 
今回はこの間発売されたトミカの話です。
 物はロングトミカの「メルセデスベンツ・ウニモグ陸軌車」
 ウニモグとは妙なネーミングですがUniversal-Motor-Gerätの略で一種の多目的車とでも言う意味でしょうか。メルセデス髄一の踏破性の高さと機動性のよさから警察や消防のの機動車から清掃・草刈果ては除雪車や1・2メートルの水深まで対応する渡河性能を生かした災害救助車まで対応する万能車といえます。

 ウニモグには多目的作業型と高機動型がありますがモデルになっているのは高機動型のほうでよりヘビーデューティーなタイプです。

 今回注目したのがウニモグ自体の魅力(そういえば旧型でしたが先日の西部警察Ⅲの上山競馬場ロケでウニモグのカーチェイスがありましたね)も去ることながら陸軌車という車種選択にありました。
 つまり線路上も走れる機動車です。

 スケールが公称88分の1と言う事は欧米のHO鉄道模型スケールの87分の1に極めて近く 更に後方に貨車を牽いている所から手持ちのHOレールに載るのではという期待を感じて購入してみました。
(因みに実車では標準軌用のモデルが存在し、二台をシンクロさせて重連することも可能との事!)
 メーカーの写真ではICEなんかを牽引する写真があったりするのであわよくば手持ちの16番レールに載るのではと(笑)

 ところが実物を見ると付属の無蓋車のゲージが妙に狭い。貨車自体も簡易線用といった風情です。

 そこでHOではなくNゲージのレールを持ってきてみるとこちらにはどうにか載りました。どうやらナローか森林線での仕様を想定した車だったようですね。

 車輪を交換すれば16番スケールのナローにも対応しそうですが車体がダイキャスト製なので極端にトップヘビーなために簡単に転倒し易いため、線路上の置物レベルの使い道しかなさそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック