エンドウのNゲージ9600


今月の中古車。恐らく今年一番の目玉アイテムではないかと。

 エンドウの9600。16番でも持っていない(笑)「ブラス蒸気」の第一号だったりします。

 96はこれまでTOMIX・マイクロ・KATOと入線していますがどれもこれも面白いモデルばかりでDE10並みに「何両いても邪魔にならない」ロコの代表格になりつつあります(しかも個々の差異はDE10やED75以上)

 そのエンドウ96ですが最大の特徴は「量産車初のオールブラスボディ」である事と「96唯一のテンダードライブ」である事でしょう(「エンドウ唯一のN蒸気」と言うのも加えれば3つになります)


 ボディの細密度自体は後発のマイクロやKATOはもとより余り好評価をもらう事の少ないTOMIXよりも劣りますが、金属パーツ特有の肉厚の少ないパーツの組み合わせもあって印象としてはなかなかいい感じがします。
 かねてKATOの96の精密さに感心しながらもどことなく冷やかさを感じてしまっていた私としては、96の様な朴訥な機種にはこれ位が丁度良いのではないかとすら思えます。

又、キャブモーター駆動のロコでは難しいボイラー下の空隙が空いている所などはテンダーモーターならではの特徴ですが、Nゲージの小サイズゆえ、真横から近接してみないとわからないのは仕方ありません。

 動力はテンダー内蔵。手に取ると他製品に比べると妙にずっしり感のあるテンダー(笑)は異様ですが走りっぷりは良い方だと感じます。
 そのテンダーに押される形のロコですがもっと軽々しい感じを想像していたのとは異なり案外スムーズな走りでした。
 ロッドのアクションも中々でしたが、聞く所では押されて走る独特の運転法(つまり動輪自体が駆動しない)の為ちょっとしたずれでロッドー動輪が固着や停止を伴いやすいとの事で注意を要する様です。

 この間マイクロのゼブラ96(考えてみればこれも結構な曲者ではあります。外見の話ですが)も入ったばかりなので時ならぬ96ブームが当レイアウトに現出している様です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2011年10月29日 11:57
なるほど!
テンダーがMになれば本体の下が空くワケですね!
これはリアルで素敵です。ほほ~~。
しかも結構な重量感を感じます。

すでにUPしてたらすいませんが、これはどこで手に入れたんですか?
僕も96が欲しいと思ってます。どれにしようかな?
2011年10月29日 21:20
こんばんは。
流石は、ブラスモデルですね。
Nゲージとは思えない風格と迫力を感じます。

細かいパーツでドレスアップするのもいいですが、このエンドウモデルはそんな必要が無い程、十分に貫禄を感じることが出来ますね。
2011年10月29日 23:48
>Bob。さん

 実際の蒸気機関車では機構上、真横から見ると大なり小なり隙間が見える(ついでに車輪のスポークを通して向こうが見える)事が多いのですが流石に模型でそれを完全に表現できるものは少ないですね。

 テンダードライブだとそうした問題はかなり軽減できるとは思いますが走行上のデメリットもあるので難しいところです。

 入手先は先日の旅行の折に立ち寄ったH○RD ●FFです。最初見たときはてっきりマイクロの奴だと勘違いを(笑)

 新品の96はKATOとマイクロが比較的楽に入手できると思いますが実際、この両社のどちらかなら不満も少ないと思います。
2011年10月29日 23:53
>hidakamiさん

 風格と迫力。

 私もエンドウの96の魅力は正にこの二点に尽きると思います。

 細密度については後発に譲るにせよ4メーカーの96を比べてみてぱっと見で最も96らしいと感じるのがエンドウのそれでした。
 素材の料理の仕方、全体としての印象把握が上手いと感じます。

この記事へのトラックバック