運転会から・4・モジュールの設営・撤収

 まずは運転会の動画をふたつほど。


 今回も運転会のおはなしです
 以前から運転会に参加していて思う事ですが、運転そのものも去る事ながら前日の設営、最終日の撤収の手際の良さには驚かされます。

 今回のイベントで持ち込まれたボードは27枚。サイズにして10メートル×4メートル位でしょうか。(本体のみ。実際にはこれに体験運転用レイアウトや16番コーナーも加わるので更に大きくなります)
 これ位の大きさだとショッピングセンターのイベント広場でもかなり目を引くサイズとなり集客に有利な上にメンバーからすれば「かなりの長編成でもごく自然に運行できる」「俯瞰での流し撮りがしやすい」「列車同士の追い越しをリアルに再現可能」というメリットを享受できます(笑)

 今回などは設営に実質二時間、撤収は30分。レイアウトの規模を考えるとある意味驚異的ですらあります。



 参加スタッフの人数は毎回10人前後で(メンバーのスケジュールの都合も大きいので顔ぶれは大なり小なり毎回変わる事が多いです)物理的なマンパワーに恵まれている事もありますが、それ以上に過去の運転会の経験から設営・撤収のノウハウの積み重ねがある事が大きいとも言えます。

 年数回の頻度で毎回異なる会場に異なるモデラーによる30枚近いモジュールボードが持ち込まれるのでちょっと間違えば列車の脱線や無通電によるストップが頻発しかねない条件なのですが皆無とは言わない物のそうしたトラブルはかなり少ない方と思います。

 その理由を思いつくままに挙げると

 1接続規格がしっかりしている事。
 2ボード同士の接続の上で高さの調整を確実に行っている事、
 3接続線路を1ミリ単位でカスタマイズした物を用いバリアブルレールは一部を除いて使っていない事、
 4ジョイナーの定期的な交換とメンテナンスを行っている事、
 5全てのボードにフィーダー線を繋いであり、どのボードでも接続変更可能で即座に給電できる事、
 6コース上の何枚かのモジュールにリレーラー線路を配し脱線時の復旧がある程度容易な事
 7メンバーそれぞれが手持ちの車についてボードや機材の積載ノウハウを各自で身につけている事
 8ボードや機材のパッキングが明確・且つメンバー間にハウツーがいきわたっている事

 
 この内2・3・7・8は正にクラブ独自のノウハウの 積み重ねがものをいう世界でありこれなくしてあれだけ効率的な設営・撤収・トラブル対処はできないと思えます。

 中でも各ボード感の高さ合わせや接続線路の調整はキャリアの積み重ねが生む一種の芸の感じすらします(笑)

 私がこのクラブに入ったのは5年前ですが実はその数年前からこうしたイベントでモジュールの持ち込み運転会は続けられておりその過程の中で積み重ねられたキャリアがこうした手際のよさにつながっている物と思います。

 そしてもうひとつ重要な事はこれらのプロセスが下は小中学生から上は60代までの様々な経歴・世代の違うメンバーのもとで一致団結して行っている事です。モジュールを出品しない、あるいは持たなくともこうした場でのマンパワーの提供と言う形での貢献が自発的にかつごく自然にできるというのは一部の体育会系・ボランティアのサークルを除けば最近なかなか見ない光景であります。

 共通の趣味と言う一点だけの繋がりでこうした事が出来るというのは素晴らしい事でありこれこそが形のない財産とも言うべきものではないかと思えます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2011年11月09日 19:24
>ボードは27枚。サイズにして10メートル×4メートル位でしょうか。

かなりの規模ですよね。
それでいて2時間で設営が終わるのはホントに凄いと思います。
うちはいつも深夜呑み会の後、ほとんど寝ないで設営するので、人間もモジュールもガタガタですw
2011年11月10日 22:24
>芋さん

>深夜呑み会の後、ほとんど寝ないで設営するので~

 実は設営後の飲み会参加はやりたいと思っていて出来ないでいる事のひとつです。

 私が子持ちである事とメンバーに学生がいる事、近くに飲み屋がない事など飲むには悪条件が多すぎて(涙)

 そんな点でもそちらが羨ましいです。

この記事へのトラックバック