レイアウト改修2011・10再びレイアウト外に出る


 本当に久しぶりになりましたレイアウト改修のはなし。
 コンペ出品のための撮影の話です。
 今回の写真の撮影はふたつのシーナリィを持つというレイアウトの性質から4回に分けて行いました。

 時期は2月から5月上旬にかけてですがこの時期は雪さえ降らなければ気候が比較的安定しているので撮影には好適な季節と思います。
 又、時間帯は最も風が吹きにくい朝の6時から8時の間。
 この時間帯の欠点は太陽の高さで、太陽の位置によって早朝か、夕方に見えてしまうのが難です。
 但し、曇りか花曇りの気候だと逆に時間帯が特定しにくいので案外レイアウトの屋外撮影向きの気候とも感じました。

 撮影した写真はトータルで400枚近く。前回に比べて格段に増えましたが4回に分けて二つのシーナリィを使い分けた事を考えると多くはない数字と思えます。

 カメラは相変わらずコンパクトタイプのデジカメで800万画素レベルでしたし。

 これは前にも触れましたが、現住地の自宅周囲が絵に描いた様な田園地帯(早い話が田舎)なので農閑期のこの時期はあまり邪魔にならずに撮影ができる上に周囲に邪魔な電柱や建物が殆どないのでレイアウト撮影には理想的な条件でした。

 専門誌などでも屋外撮影した作例は多く見かけるようになりましたが、何れも住宅地か旅先での撮影らしく、建物などの写りこみを避けるためか極端なあおりがついていたり接写気味の構図が非常に多く、私の様にごく自然な俯瞰のアングルを取って撮影した物を殆ど見掛けません。
 しかも本物の空や山並みを背景に使えるメリットは非常に有難い物があります。

 その意味では非常に恵まれた環境といえます。

 その「恵まれた環境」を使って撮影しておいてこの程度のレベルなのですが(大汗&恥)
 今回の写真は没カットの中から選択しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2011年12月08日 20:25
>極端なあおりがついていたり接写気味の構図が非常に多く
ドキッ!!
ある意味写真そのものより難しいですよね>ロケ地探し。。。
本当はスタイロフォームや背景板でどう撮っても良い様にしておけば問題無いのかも知れませんが・・・・・

この時期+ボツ写真=掲載依頼来ちゃいました?
若しくはNマガ見てね(はぁと)って事でしょうか??
2011年12月08日 21:28
>芋さん

>掲載依頼来ちゃいました?~

 それは全くありません(涙目)
 たまたま更新のタイミングが一致しただけで掲載などとてもとても(大汗)

 ロケ地ですが、この撮影地は撮影場所を中心に半径100メートル位(あるいはそれ以上)全く建物も電柱もない盆地という理想的なロケーションなので過去にも随分重宝させて頂いています。

 農道なので人通りも少ないのもメリットですね。
 田舎暮らしの数少ない余得ではあります。
2011年12月10日 23:11
やはり自然光っていうのは、かなり自然な演出が可能と思います。
室内で、白熱灯や蛍光灯、またはLED照明など組み合わせても、自然の威力には勝てませんねっ。
とても自然な風景に見えて、綺麗です・・・・。
2011年12月11日 23:03
>hidakamiさん

 レイアウトやセクションをリアルに見せるには自然光というのは必殺武器みたいなものですね(笑)

 それと「自然の空」というのも背景画に比べてかなりの威力を見せるようです。

 ただ、問題はロケーションと風ですね。この二点を満たせる期間はかなり限られます。
 夏場だと撮る方もモデルもかなりやられますし。

この記事へのトラックバック