最近飲むたび思うこと

 昨年暮れごろにMkⅡで書いたたわごとの再録です。
 実はこれを上げていながらも飲んでいるのですが(笑)

 昭和39年頃のバックナンバーでしたか、二伊林 いつあき氏(日本の16番レイアウトの草分け「瑞穂鉄道」の製作者。長じてトロリーレイアウトや車両の秀作を数多く発表されている方です)の手になる「TMS夏期講習」と言う記事を見つけました。

 国語・物理・社会・心理学等の分野毎に鉄道模型ライフの楽しみを頓知の効いた表現で語っており、なかなか楽しめました。
 その中で興味を引いたのは「キシャのおもちゃをいじくっていると見做している世間にどう折り合いをつけるか、説得するか」という一項でした。

 他の趣味でもそうなのですがこと鉄道模型を始め、ミニカーやラジコンなどのモデル趣味と言うのは当人にとって「世間から幼稚な趣味」に見られていると(半ば勝手に)思いやすい特性があります。
 対象が「小さな模型=オモチャ」と誤解されやすい辺りがその一因と思いますが


 そうした趣味の流れに共通するのは各ジャンルのオピニオンリーダーに相当する人物、又は集団が世間に対して「●●はオモチャじゃない。高級紳士の道楽だ」と叫びたがる傾向があります。
(それともうひとつ、そうした方々の大半が歳を長じてくると決まって「後から登場した新フォーマットを幼稚なオモチャ扱いして『我々のやっている●●こそが真の模型だ』みたいな事を言いたがる傾向もあったりします)
 何の事はない、結局は当人たちは『新しいジャンルを開拓したパイオニア』を気取り、狭いコップの中で大威張りしたかっただけなのかとがっかりする事も結構あります。

 そこには最初あった筈の素朴な意味での『対象への愛惜』と言う物が感じられません。


 それなら40過ぎてもプラレールに熱中している大学教授の方が自分の愛惜に正直にやっている分よっぽど「オトナの楽しみ方」をしているとは言えないでしょうか。
 (趣味の重要な条件のひとつとして「自分に正直である事」があると思います。世間体とか肥大化した自我の発散とかの自分をごまかす要素が入り込むと、それはその人にとって趣味ではなく「社会ごっこ」に過ぎなくなると思います)

 この素朴さを忘れさせない限りは、私は鉄道模型は「オモチャで十分」だと思っています。
 人に迷惑をかけないという但し書きが付きますが、上手いも下手もなく知識の多少、カネの多寡も関係ない「自分が楽しいか、熱中出来るか」を満たす事が先ず第一です。
 それが世間に認められるか、褒められるかなどは本来二の次、三の次ではないでしょうか。

 例えばクラブの運転会、ショッピングセンターをお借りして一般の方にモジュールや列車を観て頂いていますが、恐らく私を含めたメンバーで「自慢のモジュールや車両で威張りたい」等と考えている人は余りいないのではないでしょうか。
 敢えて見せたい物があるとするならそれは「鉄道模型をやっている事が楽しい」という各メンバーの趣味性そのものだと思います。


 もちろん「人に見られる物」を作る訳ですから決して手は抜けませんし、私の場合むしろ「こんな物を出さなければならないのか」と自己嫌悪に陥る事が大半だったりするのですが、それでも運転会の本番の時は歳も外聞も忘れられる楽しさを実感できます。
 他の方々にもそれがあるから私が加入する数年前から現在まで運転会が続いているのだと思います。

 これはきっと「趣味」を考える上で大事な事です。
 別なメンバーとレンタルレイアウトでの運転会に参加しても楽しいのですが、こちらの場合も「本人たちが楽しんでやっている」姿を見ているのが車両その物を見るより楽しく感じられる事が多いです。

 逆に以前、あるレンタルレイアウトで見かけた様な「自分の趣味こそが真のマニアだ」みたいな特定メンバーが周りに自慢を交えつつ威張り散らす光景は「言っている当人はそれで楽しんでいるのだろうか」と思えました。
 自分の築いた権威にしがみ付きながらそれを周囲に吹聴する姿は滑稽を通り越して醜悪ですらあります。

 「自分にとってそれは本当に楽しいだろうか?」時々はそれを振り返り自分の中で検討してみるのも大事だし、面白いと思います。
 多少は外聞や世間体などの問題があったとしても「それでも好きだ」と思えるならそれは趣味として十分ではないでしょうか。

 これを書いた当時も酔っぱらっていましたが、考え自体は今もあまり変わっていない感じがします。
(写真は本編とは関係ありません)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2012年01月07日 06:29
遅くなりましたが新年あけましておめでとうございます。
今年一発目の企画オープンの原型ができそうです。いよいよボスキャラの出番ですぞい。
2012年01月07日 22:41
>ぶひくん。さん

 本年もよろしくお願いします。
 「ボスキャラ」どう料理されるか、楽しみにしています。

この記事へのトラックバック