キブリのマンションを作ってみる・4・ベランダ


 キブリのマンション製作その4です。

 今回の工作ではベランダ部分をキットのそれよりもワイドなタイプに作り変える事にしました。
 実際に街中を見てみると殆どのマンションがかなり幅広なタイプのベランダを付けています。言い換えるなら日本風のマンションには幅広なベランダが必須ともいえます。

 但しそうは言ってもベランダの形態は千差万別です。
 当初は写真のように鉄柵と板を組み合わせたタイプを考えましたが思ったほどには目立たない気がしましたのでオーソドックスな前面を板材で囲ったタイプとしました。

 その為にまず壁面の凹凸に沿う形で床材をプラ版から切り出しました。
 総計17枚。同じ形にそろえたつもりだったのですが寸法が1ミリ違うだけで壁面にフィットせず往生します。

 これにベランダ壁面の板で囲うという簡単な工作です。

 これだけな事ですが雰囲気はだいぶ変わりました。
 ベランダの高さが階によってまちまちになってしまいましたが、このあたりが私の腕の問題でしょう(大汗)

 屋上はCASCOの手すりパーツで囲い、更にGMのビルパーツから給水タンクを追加します。

 これで表側の造形は大体出来ました。
 裏側の部分はオリジナルの製作となりますが、ここからが問題です。

光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック