SLに電車のはなし


 今回はレイアウト上の珍百景みたいなものです。

 先日持ち帰ったPLAY MODELでは色々とヒントになる話がありましたが
 その中に「電化線をSLが走ってもおかしくはないのだ!」というのがありました。ここでは例として大井川鉄道が記されていましたが、それ以外にも「SLとELの重連」とか「客車列車の後ろにディーゼルカーがつながっているケース」「電車とディーゼルカー」の併結、極めつけは「義経号が戦後の旧客を牽引したケース」(実はこれらはいずれも私の故郷で実際にあった編成です)なんかがあります。
 つまり、設定上の必然性さえあれば結構とっぴな真似も楽しめることになります。モデルやレイアウトでそれをやってみるのもイベントとしては結構面白いものがあります。

 というわけで先日入線の小田急デニ1300のトレーラーを9600に牽引させてみました。
 国鉄よりもこの手の融通が利きそうな地方私鉄ならこういうのもありかもしれません。
 現在製作中のレイアウトが蒸気メインという事もあって架線柱などを建てない予定なのですが、それでも電車を入線させるとなるとどうするかを考えていて「だったら蒸気に牽かせれば」と安直に考えました。

 別に線路に通電して走らせる模型の話なのでその程度の事は気にしなくてもよさそうなものですが(笑)
 ですが強いて理屈付けをするなら「非電化の臨港貨物線に荷物電車を乗り入れさせるための方便」とでもしておけばそれなりに筋は通せますか。
 因みに想定上はこの荷電、蒸気に牽かれて埠頭内の倉庫で荷物の積み込みをした後、電化された接続駅で待っているもう1両の荷電と連結、パンタを上げてそのまま本線を走る事にしています。

 モデルの上では同一形式の2連で片方のみがM車なので上記のような運用はもっと容易になります。

 と、まあ設定をひねり出せばそんなものですが、元々が「デンシャごっこに近いオモチャ遊び」の一種ですからもう少しお気楽でも良い気もします。

光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック