週刊SL鉄道模型から


 週刊SL鉄道模型のミニレイアウト(改修込み)の製作記
 42号を迎え、パーツ的には佳境ですがここ当分はレール関係ばかりなので面白みに欠けます。

 ただ、42号の折り込み広告で面白い物を見つけました。

 通販専用の様ですが「葛飾柴又のジオラマを作る」というのが来年から始まるようです。
 これまでの物とは異なり街コレやジオコレのパーツやアイテムを使う物の今回のは純粋に鉄道抜きのジオラマの組み立てをメインにする物の様です。

 広告の写真を観る限りでは見るからに門前町といった風情で建物こそジオコレそのまんまが多いようですが看板類は「寅さん」シリーズの舞台の物を新調する様子。
 ジオラマ本体も寅さんのトランク風のケースに収納し、LEDによる夜景も再現可能とのことです。
 トータルの価格が一括10万円、分割(つまり毎号ごとに払う)の合計では12万近くなるので個人的には手を出しにくいものですがコンセプトは面白いとは感じました。

 週刊SLの方は来月からいよいよ「ターンテーブル」が登場するのでその状態如何で工事の方も急ピッチで進行すると思います。

光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック