ミニSLレイアウト工事・無理やりな(汗)併用軌道


 週刊SLのミニレイアウト製作
 拡張した酒蔵周辺の線路周りをどうするかについてはいろいろと迷いました。
 何しろ店舗に線路が接近し過ぎていて普通の様な「道路-線路」というつながりが取りにくいのです。

 道路のスペースを広くとれば建物配置が圧迫されますし狭すぎると店先に線路が来てしまうような感じになってしまいます。
 
 で、結局この部分を併用軌道にしてしまうと言う荒業で乗り切る事にしました(大汗)
 幸か不幸かこの部分の町並みは酒蔵の店舗部分なので視覚的な違和感は少ないですし道路を広く取れる分見た目の広さも確保できます。

 問題は併用軌道上を蒸気機関車が走る事自体の是非ですが小型機中心での短編成で工場街を背負った路線ならこういうのもありだろうと言う強引な論理で乗り切るほかはありません。
 (ちなみにDLや蓄電池機関車なら何の問題もなく使えるとは思います)

 例によって土台はグーパネのカッティング。道路部分は厚紙か紙やすりで表現する方針です。

 何か見るからに路面電車が似合いそうな風景がレイアウトの隅っこに現出しました。
 ちなみに理論上は東武のスペーシアも通過できます(笑)

 メインの工程としてはベース上に「情景シート」を貼り付けるところまで行いました。
 これでも本誌の工程から10号分くらい遅れています。

光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2012年12月20日 22:17
SLの走る併用軌道も面白そうですね、併用軌道と言うとどうしても路面電車というイメージがありますから、完成を楽しみにしております。
2012年12月22日 21:25
>hidakamiさん

 SLと併用軌道は臨港線や工場地帯ではそこそこ見られたシチュエーションですが「港のないレイアウト」でこれをやるのは勇気が要ります(汗)

 来月からはパーツも揃うので一気に進みそうです。

この記事へのトラックバック