「レイアウトの寿命とは?」を考える


 今回は少し推定の多い話です。
 考察と言っても根拠の薄い所もあるのですがその辺はご容赦を。

 この間TMSの76年2月号を読んでいてある記事に目が留まりました。
 エコーモデルの阿部氏が製作していた「城新鉄道」の解体宣言、同時掲載されていた16番レイアウトの始末記です。
 後者の記事では73年着工で8分通り出来上がっていた蒸気主体のレイアウトが諸般の理由から76年を持って解体されるまでの流れを記したものです。

 ここで気になったのは「趣味として作られたレイアウトの寿命とはどれくらいのものだろうか」というものです。

 さて、レイアウト全書、あるいはモデリング・テクニックを読んでいて気付くのは「第二次●●鉄道」「新●●鉄道」と言うのが散見される事です。
 つまり、それらのレイアウトには第一次とか旧とかいった「先代のレイアウト」があった事になります。

 
 JOHN ALLENのGD LINEの様に30年以上かけて仕上げられ、作者の死とともに消滅するようなケースもありますが、最初のレイアウトを作った物の諸般の理由から解体されるケースも結構あるように思えます。
 上記の本で取り上げられているケースの記事からですとそれらのレイアウトの寿命は平均して4~7年位と推定されます。
 これらはいずれも続編のレイアウトが作られているケースです。

 中でも16番からNゲージに移行した銀河鉄道は面白いケースでこの第2次は10年近く経ても現役だったばかりか、そのベースの裏側に第3次レイアウトが組まれるという経緯をたどっています。

 一方でレイアウトの中で長命と思われるのは宍戸圭一氏の手になる「鴨鹿鉄道」で初期のTMSに掲載された30年以上後に「とれいん」で再度取り上げられ改修を加えつつ現役だった事が知られました。
 その他1975年7月のTMSに掲載された「国鉄香春線」も作者の自宅内に占有スペースを持ちつつ90年代頃のテレビ番組で紹介されるのを見た記憶があります。
 クラブ所有としてはTSCのレイアウトも1960年代初めの建設開始から改修や移転を経て少なくとも1977年以降までは使われていたようです。

 あいにくな事に専門誌ではレイアウトの製作記事は多いのですが解体記事とか長期にわたる維持の記事は極端に少ない(当り前か)です。
 ですからこれらのデータをもってレイアウトの平均寿命を計算する事はできません。

 ましてあの頃よりもレイアウトが普及している今、レイアウトの平均寿命はもっと大きく変化していると思われます。
 長くなっているのでしょうか、それとも・・・

 ところで、私の所属しているクラブでは運転会用のモジュールが保管されています。
 10年前のクラブ発足当初から存在するものも多いらしいのですが最近問題となっているのが「旧モジュールの劣化」です。

 作られっぱなしで改修の手が入っていないという事もあるのですが、レールの汚れや建物類の劣化による破損がそろそろ出ているモジュールもあるとのこと、
 更にベース自体も経年変化で反りや歪みが現れ始め、モジュールの連結時の調整範囲が拡大する傾向もあるようです。

 鉄道模型が大人の趣味である事が標榜される以上は長期にわたって楽しまれ続ける事も条件と思いますが、レイアウト、あるいは車両の寿命(賞味期限と言ってもいいかもしれません)は少し考えてみる余地がありそうです。
 もちろん、その過程の中で「レイアウトの寿命を決める要因」という物も炙り出されてくると面白いですが。
(写真は本題とは関係ありません)

光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2013年01月27日 07:21
おはようございます。
今回の内容は非常に興味深い話しですね。
本物の建物や道路,またはそれに関する付随物などは
良い具合に風化して味が出るものですが,レイアウトの世界では
本物と同じ様な風合い変化は望めそうにないと感じてます。

やはりプラステックで構成された世界だと,経年変化も
それに伴ったものになるんでしょうかね?
これは模型全般に言える事でもあるんでしょうけどね・・・
Eはみ猫
2013年01月27日 14:28
はじめまして。Eはみ猫と申します。いつも「見てるだけ」ですが、今回とても興味深いお話でしたので、コメントさせていただきます。
 おっしゃる通り、レイアウトを解体するお話は記憶にありません。各メーカーのレイアウトだと、商品のプロモーションと云う目的が達成されれば使命を終えるワケですが、モデラーのみなさんのレイアウトの場合、その行方はまさに十人十色なのではないでしょうか。
2013年01月27日 19:19
>YANチョさん

 前にレイアウトで電気街を作った際に故郷で20年くらい寝かせていたGMやTOMIXのビルを転用した事がありますが仰る通り素材そのままでは風合いと言う物が出にくいですね。

 その一方で同じ様に寝かせていたホーム屋根のパーツの中に20年分の埃がこびりついた結果予想外に古ぼけた感じになったものがあって驚いた事もあります。

 保存条件などで建物類のエージングも変わってくる場合もある様ですね。
2013年01月27日 19:28
>Eはみ猫さん

 コメントありがとうございます。

 専門誌の場合製作記事が主体ですからどうしても解体、廃棄の話は出にくいですね。

 レイアウトも「もの」である以上は長く楽しむのも行き方ですし、気に入らなければ作り直したり最悪廃棄してしまうのも行き方だと思います。

 ですが一般性のまだ薄いジャンルだけに「これだけの物が維持できるのか?」とか「解体した後はどうする」といった視点が専門誌上でもまだ希薄な気もしています。

 実はこの辺りも「レイアウト=特別な物」という観念が一部のマニアに根強い理由のひとつではないかと思うのですが。

この記事へのトラックバック