里山交通のキハを動力化する


 以前紹介した「週刊鉄道模型・少年時代」の里山交通カラーのキハ04ですが、先日動力化して当鉄道に入籍しました。

 動力ユニットですがこれは3年ほど前にクリーニングカーを自作しようとして入手していた物です。
 クリーニングカーとしては期待したような成績が上げられずしばらく宙に浮いていたのですがこれでやっと本来の用途に使われる事になった訳です。

 但し、モデルのほうに交換用の台車枠がなかったので手持ちのパーツから使えそうなものを履かせています。
 このため、本来のキハ04に比べると台車回りが非常にごつい印象になってしまいました。

 今回のキハが加わった事でミニSLレイアウトに対応するDCは3両になり、旅客扱いは充実しました(笑)
 とはいえキハ04はその性質上現役の旅客車としては余り使わず、貨車改造のクリーニングカーの牽引にどうかと考えています。
 つまり、一種の事業車ですがならばと思い立ちウェザリングマスターとエナメル塗料で少し汚しを入れてみました。
 見た目にかなりくたびれた感じになりました。

 こうしておいて、あとは機関区の隅で出動を待つ救援車といったノリにもって行きます。
 と言っても実際にはクリーニングカーの牽引などでかなりの頻度で使う予定でいるのですが

光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック