特撮映画と0系新幹線


 今回はサブブログで取り上げたネタの蒸し返しです。たまにはこういう題材も良いのではないかと。

 現在博物館でしか現物が見られない0系新幹線ですが「0系新幹線」昭和40年代の文明の象徴という意味もあってか特撮映画作品にも登場頻度が高いですね。
 それもミニチュアを駆使したシーンでの登場頻度の高さが印象的です。
(そもそも「新幹線大爆破」「動脈列島」という「主演作」もありますし)

 ざっと思いだしてみてもガメラ対ギャオスのほか
      大怪獣ガメラ(銀座でミニチュアが踏みつぶされる)
      宇宙大怪獣ギララ(ギララと実景の新幹線の合成カットあり)
      84年版ゴジラ(ガメラとほぼ同じ場所でミニチュアを破壊している)
 と言った辺りが思い出されます。


  テレビではマグマ大使の他数多く登場している筈ですが私の記憶に残る所では
      宇宙猿人ゴリ(第3話)
      アイアンキング(第1話など)
      シルバー仮面ジャイアント(ジャイアント編1話など)
      ガンバロン(第3話)
      ウルトラマン80
  辺りが印象に残ります。
  変わった所ではパイロットフィルムのみの「豹マン」にも0系が登場しますがそのカットの一部は上述の「宇宙猿人ゴリ」に転用されています。



 意外な事に黄金期の東宝の作品では新幹線が破壊、怪獣との絡みは少ないです。「サンダ対ガイラ」の様に主人公の移動シーンで実景の新幹線が登場する位でしょうか。
 恐らく一番目立つのが84年「ゴジラ」でしょう。但しここで出てくるのは小窓タイプの後期型です。

 ある意味、0系新幹線と言うのは高度成長の象徴でしたし当時の子供たちにとっても憧れの存在でした。
 それゆえに子供向きの作品になるほどに「文明の象徴」として破壊対象になりやすかったと思えます。

 現行の新幹線ラインナップにこれだけのカリスマ性が出せるかどうか…

 追記です。

 その他として東映の「ザ・カゲスター」劇場版の冒頭に「新幹線大爆破」の没カットが登場します。
 それとテレビでは「大鉄人17」に「新幹線ロボ」と言う実も蓋もない敵ロボットが登場していました。当時の次回予告では「ワンセブン物知り百科」とか言ってATCシステムの解説をやるという不思議なおまけコーナーが(笑)

 ところでアニメの方で0系新幹線というと殆どが機械獣に破壊される様な役柄ですが・・・

光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック