ジャンクの玉手箱から・つぎはぎ編成の113系

ジャンク箱の話から
DSCN0269.jpg
 この箱の中身は関水金属が半分程度、外国型がそれに次ぎ、以下エンドウが続きます。
 意外にトミー系は少なくTOMIXのモデルは113系の編成くらいでしょうか。これにナインスケールの貨車が2,3両といったところでしょうか。

 その113系ですが以前にクハとサロが1両づつ入線していたものの編成が組めるほどのボリュームではなく(そもそも動力車がない)少々持て余し気味だったので今回のジャンク箱に113系が出てきたのは有難かったです。
 ・・・の筈だったのですが、入っていたのはトレーラーのモハ112、113という困った組み合わせ。
 つまり手持ちの車両を加えても「全車動力なし」という泣ける構成になってしまいました。

 困った事にこういう時に限って(?)地元の新車中古問わずどのショップも113系の動力車が置いてなく、ほとんど側線の飾り物状態寸前です。
DSCN0273.jpg
 やむなく某オークションの出物を漁った処、幸いにM車のモハ112の出品がありつい先日やっとこさ走れる様になりました。
 ただし、今回落札したモハはTOMIXはTOMIXでもジャンク箱の物とは微妙にバージョンが違っており窓の表現が異なります。

更に先日の秋葉行きでクハ111を見つけ、どうにか編成としての形は付けました。
 ・・・ただ、KATOのクハなので微妙にTOMIXとは色調が異なりますが。
DSCN9923-1.jpg
 ジャンク箱のは窓周りが「日の字」状の独特の表現で当時から不評だった初期の仕様ですが今回のモハはその点が改善されており編成の中で一人だけ「二の字」状のサッシになっています。
 統一性の点では問題ですが、子供のころから同系列なのに妙に不揃いなコンディションの旧客や気動車を見慣れていたせいか正直あまり気になりません。

 動力は当時としてはそれなりにスムーズなくちです。



光山鉄道管理局
 HPです。
 昨日車両紹介を含めて更新、追加しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント