KATO版のワサフ8000から

 先日ホビーセンターカトーへ出かけたのにはもうひとつ目的がありました。
 この間KATOからリリースされた八甲田のセットに入っていた「ワサフ8000」
DSCN5948.jpg
 これが出た折にASSYパーツの組み合わせで単体のワサフだけを求めたユーザーが結構いた事をネットで知りました。
 ならば総本山たるホビーセンターならASSYを集めるのが容易ではないかと考えたからです。

 事実、ワサフのASSYを集めたセット品が並んでおり初期の目的を達する事ができました。
DSCN5949.jpg
 こうして帰宅後出来上がったワサフ8000。
 この貨車についてはブルートレインの「北星」に併結する関係上以前切り継ぎ改造で2両、後にマイクロの八甲田にあった物を1両入線させています。
2011-0824-006.jpg
2011-0824-005.jpg
 上の写真はマイクロ版のワサフです。
 ここまでの3両についてはそれぞれ一長一短だったのですが今回のKATO版ワサフ8000は正に決定版と呼べる感じに仕上がっていました。
DSCN5950.jpg
 モールドと造形には隙がなく、扉のラッチ部分までモールドされているという驚きの細密度。
 更にマイクロ版の欠点だった「デッキ部にデンと鎮座するLEDユニットの箱」もはみだしこそありますがどうにかぎりぎり我慢できるレベルまで処理されています。
 当然テールランプも点灯します。
 とは言うもののマイクロのワサフには扉の開閉が可能というそれはそれで嬉しいギミックがあるのですが。

 ともあれKATOのワサフというのは待ちかねていただけに嬉しいのも確かです。
 あとは青20号に塗り替えて「北星仕様のワサフ8800」を目指したいところです。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

Eはみ猫
2014年12月07日 17:10
 ご無沙汰しておりました。
 ワサフ8000(決定版)の入線、おめでとうございます。
 このワサフもまた、DD16やクモユニ74同様、かつてカタログに予定品として掲載されていながら、いつの間にか消えていましたね…。単品で発売されていれば、なお良かったかもしれませんが…。
 「北星」、東北新幹線「はやぶさ」が行き交う今では考えられないような短距離夜行列車でしたね。ワサフが連結されていたのも急行時代の名残ではなかったかと…。
光山市交通局
2014年12月07日 18:52
>Eはみ猫さん

 コメントありがとうございます。

 ブログでは書きませんでしたが実はこのワサフ、単体では結構なお値段です。補修用ASSYの寄せ集めという性質上仕方ないとは思うのですが貨車1両に4000円以上というのは(汗)
 尤も、キングスホビーのワサフのお値段を知っているだけにこれでも手が出てしまう所が何とも…ですが。

 ワサフ8800に拘るのは私が唯一乗った20系でもあった「北星」の思い出があるからですが短距離の上に夜10時半出発の朝6時到着でしたから本当に「寝るしかない」夜行でした。

 ワサフ自体は河北新報の配送に使っていた関係上仙台からの併結だったのですが上野駅のホームでEF58の次位にこれが繋がっている様は今でも衝撃的(笑)でした。