カラーブックス「新しい日本の鉄道」から

 久しぶりに書籍ネタです。
DSCN5209.jpg
 今回はカラーブックスの「あたらしい日本の鉄道」から。
 実はカラーブックスで私が初めて買った鉄道物がこれでした。
 そのせいで手持ちの中ではいちばんボロボロになってしまっています。
DSCN5210.jpg
 前作「日本の鉄道」が東海道新幹線開業前後の鉄道を取り上げているのに対してこちらはそれ以後、昭和40年代後半の時期までの新型車や現役車両を中心に書いています。
 実際このわずか5年の間に特急型電車では583系が、通勤型でも103系やその派生車である301系が登場。
 交流電化は青森や鹿児島まで伸び、それに伴い様々な新型電機が登場しています。

 現実の日本でもこの数年でオリンピックから万博まで経験しましたし鉄道をめぐる環境もかなり激変し始めた時代に当たります。
 それだけに二冊を併せて見るとその変化の目まぐるしさに改めて驚かされると同時に時代のダイナミズムの様なものも強く感じさせられます。
DSCN5210.jpg
 そう言えばこの時期は583系に端を発するいわゆる『電気釜フェイス』の特急型が登場し始めた時期でもあります。
 581系はもちろんでしたがあの頃は「振り子式電車」の381系辺りが中身も含めて相当に特異な印象を残しました。
DSCN5211.jpg
 「赤い電気機関車」のラインナップもこの時期に急速に増えたもののひとつです。
DSCN5212.jpg
 SLブームも前作の頃よりかなり加熱し始めた時期のとっかかりに当たります。
 そのせいか最新型に比べると抒情的なカットが多いのが面白いですね。

 もちろん後半の解説ページも充実していますから大人になって読み返してみても二度楽しめるというおまけまで(笑)
 まあ、それらを別としても本書はカラーブックスの鉄道物としては一二を争うカラフルな内容で子供が読んでも結構楽しめると思います。

 この一冊もすっかりボロボロになりました。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2015年01月09日 08:48
おはようございます。

わぁ~懐かしいです。私もこの本持っておりました(^^♪
今はどこに行ったか?恐らくボロボロの古い本なので実家で処分されたんでしょう。でもこの表紙に中の写真、憶えていますよ。私もよっぽど何度も読んだんだと思います、これだけ鮮明に記憶にありますから(笑)
大事に保管されているんですね。もう一度読んでみたいです。
光山市交通局
2015年01月09日 21:38
> がおう☆さん

 この本(あるいは「日本の鉄道」も含めて)で洗脳された鉄道ファンは結構多かったと思います(笑)

 内容的には大人向けでも写真がかなり華やかで楽しいので子供でも十分楽しめたのではないでしょうか。

 本書はネットオークションなどを見ていると200円台から、アマゾンに至っては1円から(!)古本の出物がある様なのでネットでの入手は比較的容易と思います。