鉄コレ動力に思うこと

DSCN0058-1.jpg
 先日ネット検索をしていた知ったのですが、鉄コレの動力ユニットと走行パーツが4月出荷分から値上げになるそうです。
 動力で約600円、走行パーツで200円と値上げ幅も結構大きいので私の現住地の様に値引き販売の量販店のない田舎では今後これは結構痛くなる感じです。
DSCN6279.jpg
 正直少し慌ててはいるのですがそこで思い出すのがここ数年購入していた鉄コレも動力化、Nゲージ化していない物が結構残っているという現実です。
 いわゆる「積みプラ」ではないのですが「いつかは走らせるだろう」とかいった甘い期待感で購入してきた付けがこの辺で回ってきた感じもします。

 来週親類の結婚式で上京する用事もありますのでこの機会ですし、その折に少し買ってこようかと。
DSCN9680.jpg
 それにしても登場当初は1両500円、動力も2000円前後だった鉄コレも今回の値上げを別にしても随分と高くなったものです。
 鉄コレそれ自体の高騰も以前からあちこちのブログやHPで話題になっていましたし。
 まあ、初期の値段が異様なほどに安かったのかもしれませんし、価格上昇にそれなりに見合う程度に細密化や機能の向上も図られているのですが以前ほど安さが売りになっている感じは薄れて来ました。
 まあ、その分はメジャーメーカーの出さない様な隙間形式のリリースで特徴を出してきてはいるのですが。

 車輪や台車については他メーカーのASSYパーツである程度カバーできる気もしますが動力ユニットは出来も悪くない上に他社のそれよりも容易に入手可能と言うメリットがあるだけに中々そうもいきません。
SD-2010-1219-002.jpgSD-2010-1219-001.jpg
 いずれ、中古やジャンク車との動力コンバートを含めていろいろやってみるのも考えないといけないと思いますが、そうした工夫を考えるのもそれはそれで本来の意味での趣味っぽい気もします。

 確か斉藤緑雨だったかも「金に就て論議の生ずるは、乏しき時なり、少き時なり、お耻はづかしくも足らぬ時なり。工夫も然り、有る時にせず、無い時にす」とか言っていますし(笑)
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2015年02月05日 14:31
こんにちわです。

うーん鉄コレ動力値上げは聞いてましたが、当方は様子見しか手が無さそうです(^-^;
まだNゲージ化してないものを数えるのも恐怖です。
資金的にも今は動けません。市場にないものもあるでしょうし(笑)
整備するときに考えようという気でいます (^^♪
鉄道模型大好きおじさん
2015年02月05日 18:39
私も鉄コレはよく買う(正規の模型よりも多い)ので、動力の値上げは痛いです。

現段階でもなるべく動力の購入は控えてます。
気動車は比較的自由に編成が組めますから、とりあえず車輪とカプラーのみ走行パーツに交換してカトーやトミックスの気動車に併結して走らせてます。
勿論、気に入った形式は単独でも走らせられるように動力を購入しますけど。

電車は編成を組むのに融通が利かないですから、仕方無く全ての編成に動力を入れてます。
私が所有している鉄コレの電車は殆どが2両編成で何本もあるので、全編成の動力化は流石に堪えます。

路面電車はLRTタイプは全て動力化してますが、単車タイプは一つの動力を複数の車両に使い回しています。

車輪はカトーなどの一袋400円くらいの物で済ます事もあります。一袋に2両分入ってますからお買得です。
光山市交通局
2015年02月05日 23:40
> がおう☆ さん

>まだNゲージ化してないものを数えるのも恐怖です~

 安価だった頃の鉄コレは「いつかは走らせるだろう」と言う期待でとりあえず買っておくというパターンが多かったですね。
 最近はこれに事業者限定品などと言う物も出ていますから尚更「積み鉄」パターンが加速している気もします。


光山市交通局
2015年02月05日 23:44
>鉄道模型大好きおじさん

 一つの動力の使い回しが利くというのは鉄コレならではの楽しみ方と言うか節約法ですね(笑)

 以前キハ20系の私鉄仕様のシリーズが出た時にはジャンクのKATO動力で代用した事もあります。プロトタイプが同じなだけに違和感がなくてよかったですね。
 今ではKATOの103系やキハ20セットの方が鉄コレより割安な感じもしますし。

 又、車輪では処分セール品の台車から調達するなどもしていますがこうなるとまるで地方私鉄の整備工場の気分ですね。