今月の入線車・鉄コレの阪急2000系

 今回の上京では妙に阪急に縁があります。
 立ち寄った中古ショップの掘り出し物から。

 このショップは鉄コレのNゲージ化車両やGMのキット組み立て品が安価で買えるので重宝していますが今回などはその極北と言っていい代物かもしれません。
DSCN6711.jpg
 鉄コレの阪急電鉄の事業者特注品の2000系の4連。
 登場当初は「電子頭脳電車」という無暗に大仰なネーミングで強烈な印象を残す(それでいて外見は素人目には後の3000系や3300系と大きな差異がない)編成です。

 阪急の電車はこの間しなのの3000系が入線したばかりなのですが事によると同じユーザーの所有品だったのかもしれません。私自身現住地では阪急の中古に当たった事がこれまでありませんでしたから。
DSCN6712.jpg
 特注品とは言え動力化を含めてカプラー以外はNゲージ化され、中間車の2両は冷房化後の設定なのかクーラーを搭載しています。改造前の屋根板まで付属していましたがこれがこの製品の本来の仕様かどうかはわかりません。
DSCN6710.jpg
 これだけ手を加えているのに(あるいはそのせいで)価格は4連で何と税込864円!
 1両辺り200円ちょっと(しかも動力車が付いて)というのは多分安さの新記録と思います。

 走行性にも全く問題ありませんでしたしステッカーやディテールアップパーツも付いているのでかなりの掘り出し物でした。
 ステッカーなどは一部しなのの3000系にも使えるかもしれません。

 これで当鉄道の阪急電車は5編成になりましたが、驚いた事にすべてが中古モデルな上に全車メーカーが異なるという凄い事になっています。
DSCN6710.jpg
 KATOの6300系を筆頭に同じ6300系のエンドウ仕様、3000系はしなのマイクロ、6000系はGMのキットメイク品、今回の2000系は鉄コレと見事にばらけています(笑)
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

2015年05月24日 14:25
こんにちわです。

凄い価格の良品手に入れられましたね。
4両で864円は無いです(笑)
これから鉄コレを動力化する阪急2000と3000が居ますが、その値段を聞くと本体入手~動力調達までなんだったんだ!?って思いますね(^-^;
阪急はとにかくメーカーは揃わないですね。よって色味もバラバラ(笑)私もKATO.TOMYTEC.GMとバラエティーに飛んでます。
鉄道模型大好きおじさん
2015年05月24日 16:53
凄い掘り出し物をゲットしましたね(^O^)
阪急って意外と色んなメーカーから出てますね。
私は以前「しなのマイクロ」の6300系を持ってました。
そこそこ走りは良いのですが、車体が異様に長くてカトーの103系と同じくらいありました。
パーツ共用化の為か、床下機器も出鱈目です。
しかし、塗装は綺麗だったと思います。
何故か5両セットでした。

残念ながら、鉄道模型を休業してた時に売却してしまい、現在は手元には有りません。
関西人として、阪急の模型が手元に1両も無いのは寂しいので、カトーの6300系導入を検討中です。
光山市交通局
2015年05月25日 23:48
> がおう☆さん

 皮肉な話ですが専門ショップでない中古屋の場合は鉄コレのN化・動力化は改造の一種の様に捉えられて安価になっている節がありますね。

 でもその割に後付けパーツやレタリングまでやっていないケースが殆どなので購入後はまずそこから手を付ける事にしています。

 メーカーごとに色味がバラバラなのに不思議とそれが気にならないのは阪急の人徳みたいなものでしょうか。
光山市交通局
2015年05月25日 23:53
>鉄道模型大好きおじさん

 しなのマイクロ時代の電車モデルは(エンドウもそうでしたが)足回りや床下機器の共用・使い回しは結構多い様ですね。

 そのくせオリジナルに忠実な足回りのモデルがたまに出るとそれだけ妙に影が薄かったり他の造形がぞんざいで損をしている物もあったりします。

 しなのの6300系は未だに見た事が無いのですがあの当時はKATO・エンドウと3社競作・しかもしなのとエンドウはどちらも金属モデルという信じられない時代でした。

 KATOの6300はトータルとしてのバランスの良さを考えると今でも十分な性能と造形だと思います。新品でも結構安価ですし中古にもそれほど不自由しません。ライトが点灯する分鉄コレよりいいかもしれないですね。