三菱パジェロと90年代レイアウト

Nスケールが欲しいミニカーから
DSCN0183.jpg
 今回は狂的とも言えた90年代クロカン四駆ブームの立役者、三菱パジェロのはなしです。
 パジェロ自体は今でも三菱のイメージリーダーのひとつとも言えますし、海外を中心にブランドイメージもそれなりにあるクルマです。

 ですがそれでも初代の後期から2代目に掛けての大ヒットは今考えても異常と言って良いレベルだったと思います。

DSCN0184.jpg
 当時の四駆ときたらウレタンバンパーもモノコックシャシも、どうかするとフルタイムAWDもなし。
 当然四駆に入れたらちょっとした路地ですらタイトコーナーブレーキ現象が起こって曲がれない。
 床も高いから乗降性は最悪、居住性も同クラスのセダンより室内高が高い以外大したメリットもなし。
 単純に実用性だけ取ってみればカローラのバンよりひどいレベルでした。

 それでも四駆の持つワイルドなイメージだけであれだけの大ブームになったのだから凄いものです。
 
 (因みに私自身からして当時はテラノに乗っていましたが)
 パジェロの場合はパリーダカールラリーでの戦績の伴うイメージアップもかなり貢献したでしょう。

 とは言えだからと言ってパジェロ自体が悪いクルマだった訳ではなく三菱ジープの実質的な後継者としてかなり洗練度を高めてオーナーカーとして通用できるレベルに持って行ったのは凄いと思います。
 (大体、上述の四駆ブームが起こったのはパジェロがデビューしてから5年近く経ってからです。それまでの蓄積が無ければあのムーブメントが起こらなかったのも確かだと思いますし)
 
 トミカの初代パジェロも実車の登場に合わせてのリリースですが、モールドはシャープで実車の持つ垢抜けた印象を的確に再現した傑作と思います。
 新車デビュー当時に買ったトミカなだけに見た目に相当くたびれていますがそこはご勘弁を。
DSCN0190.jpg 
 むしろ後から出た2代目、3代目のミニカーの方が妙にぼってりした感じになってしまい初代よりピンとこなかったくらいです。

DSCN0192.jpg
 いずれにしてもこのパジェロが徘徊しているレイアウトなら90年代初頭~中頃の空気は容易に再現できると思います。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント

Eはみ猫
2015年06月26日 23:23
 またまたご無沙汰なのです。
 そう云えば、Nスケールミニカーではこのテの四駆はあまり見ませんね。カーコレでかなり旧いランクルがありますが…。
 それに90年代のクルマは意外と「穴」のようにも思います。トミカリミテッドビンテージネオで、Nスケール化してほしい車種がかなりあるんですがね…。
 それにしても90年代のクロカン四駆ブームは仰る通り、狂的でもありましたが、「あの頃はまだ、人々がクルマに熱狂していた時代だったのだな」と懐かしくも思ってしまったり…。
光山市交通局
2015年06月27日 20:50
>Eはみ猫さん

 お久しぶりです。
 個人的にはパジェロとハイラックスサーフのふたつはぜひ欲しい車種ですね。旧型ランクルも本当なら三菱ジープのロングボディで欲しかったところです。

 80~90年代車のNスケールが手薄なのはかねがね私も感じている所です。恐らく当時のTOMIXのラインナップとかぶっている事とKATOのアクセサリでハリアーやノア、アルテッツア等が出てしまっている事が関係ある気もします。

 当時はTOMIXのカタログを見て「GT-R(R33)やセルシオなんかどないすんねん」とか感じたものですが(笑)