KATOのC12から・3・他のC12と比較してみる

DSCN7865.jpg
 KATOのC12の出来の良さには改めて驚かされっぱなしですが、C12は以前にも別メーカーの車両を入線させていますのでそれとの比較を書いてみたいと思います。
DSCN7869.jpg
 まずは昨年の「ジャンクの玉手箱」に入っていた中村精密製
 (上の写真、左側のモデルです)
 玉手箱にこれが入っていたのを知った時には思わず狂喜しそうになった(爆)思い出が。
DSCN7870.jpg
 何分30年以上前の製品でそのまま比較はできないはずですがサイズとプロポーションはかなりKATOに肉薄しています。
 それどころか3メートル離れて見たらどっちがどっちかわからないかもしれません。
DSCN7871.jpg
 中村のC12はブラス製のキャブモーター機、手すり類は別パーツで表現されていている上に質感も良くKATOほど細密ではないにせよ今見ても十分モデルとして観賞できるものと思います。
 ロッド周りの表現も当時としてはかなり頑張っていますし。
 ただ、まるでスローの効かない走りっぷりはKATOに比べて明らかに残念なポイントではあります。
DSCN7875.jpg
 そしてもうひとつが数年前に中古で入線させたマイクロエースのC12
 (こちらは写真右側のランボードに白線の入った方です)
 トラストトレインセットの牽引機です。これを買った当時は葉純線の工事が追い込みの時期でローカル線にふさわしい小型機という事で入線させたものです。
DSCN7877.jpg
 真横から見たプロポーションについては書き出したらきりがない位物凄い事になっています。
 背が高い、ボイラーが太い、腰が高い、キャブ窓の上の側面が長すぎてキャブが1・5階建て位に見える、それでいて長さがKATOとほぼ同じなので異様にずんぐりに見える等々。
 ですがこの当時は普通に手の入るC12がこれしかなかったのも事実ですし、プロポーションの問題も既成のモーターを使わざるを得ない事情があった点は考慮する必要はあります。

 単に細密度で言うなら中村のそれを上回りますし、事実走行性は中村よりはるかに良いのですから。
 スローもKATOほどでないにしても十分な走りを魅せます。

 それに「プロトタイプのあるC12」である事を一旦忘れて「トラストトレインを牽く小型蒸機」としてみてみると案外雰囲気が悪くない事にも気づきます。
 レイアウト上では別形式と割り切って使うならはるかに実用性の高い小型タンク機と思います。
DSCN7879.jpg
 上記2機と比較して今回のKATOのC12を見てみると中村から数えて35年以上を経てようやく登場した決定版モデルという感じが強いです。
 これより細密で高級なモデルも存在しますが、コストや走行性、入手のしやすさと言ったトータルで見た場合このC12を凌ぐものはNでは空前といえます。

 となると、個人的に気になるのが次の一手は?という事です。
 個人的にはこのユニットをさらに改良した形で8620を期待したいのですが、実際にはC12よりも動力機構を余裕を持って作れるであろうC11のリニューアルというのが実現性が高い気がします。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

 

この記事へのコメント

鉄道模型大好きおじさん
2015年07月07日 21:13
カトーのC12、かなりの出来みたいですね。
これで異常なプレミアがついてるマイクロのC12が大暴落するのでは?
以前、マイクロのを持ってましたが、やや腰高という感じでした(マイクロの殆どの蒸気機関車に言える事ですが)
マイクロのタンク式蒸気機関車は貨車のオマケ付きですが、オマケは要らないから本体に予算を掛けて欲しいものです。
光山市交通局
2015年07月07日 22:49
>鉄道模型大好きおじさん

 NゲージのC12という機関車、中村精密の頃からプレミアには縁があるモデルのようですね(笑)

 私の場合は「セット品の一部」という扱いだったからか思ったより安価に買えた部類だったと思います。ですが140Rのミニカーブがクリアできなかったのは痛かった(汗)

 その意味でもKATOのC12の存在は貴重です。

 マイクロエースのモデルでも9600やE10、C52辺りはかなり出来がいいと思うのでC12やC56なんかを見ていると「無理にラインナップを増やさずとも・・・」という気持ちになる事もありますね(笑)

 
レサレサ
2015年07月08日 22:30
>9600やE10、C52辺りはかなり出来がいいと思う

全部に共通するのが「太いボイラー・比較的小さい動輪」の車両なんですよね…
個人的にこの条件に合う満鉄の車両をもっとマイクロエースだしてくれないかな…って思ってます。
(あのC12もプレサの方がシルエットは酷似していますし、ヘッドライトの出来にしても満鉄機は煙室扉についているものが多いので造形がまともにしやすいと思います。)