懐かしの70年代ジュニア入門書「電車なんでも入門」から

DSCN8986.jpg
 今回は今回は趣向を変えて書籍ネタから
 小学館の入門百科シリーズの「電車なんでも入門」を紹介します。

 この本は以前紹介した「機関車入門」の姉妹編とも言える内容で当時の日本の電車を俯瞰して見せるものです。
 著者も「機関車~」と同じ古谷善亮氏なので読みやすい文章という長所もそのままです。
SNShouo71IMG_5946.jpg
 私自身の思い出に照らし合わせると本書が出た当時は私の故郷の岩手では「電車」というと「急行以上の優等列車」の事を指していました。
 何しろ「普通列車」はイコール「旧客の数両編成」か「キハ20系の3連」でしたし。
 故郷では私鉄電車どころか「3扉以上の近郊・通勤電車」と言う物が絶無に等しい環境だったのです。

 ですからSLブームの当時であっても「電車主体の一冊」と言うのはそれだけで魅力的だった訳ですし田舎者にとっては「トカイの電車」がメインなだけになおさらです。 

 そんな思い出と照らし合わせて本書を読み返して見ると懐かしいと同時にいくつか気づくこともありました。
DSCN8988.jpg
SNShouo71IMG_3890.jpg
 当時の国鉄形の電車は特急や急行電車もそうだったのですが普通の通勤電車のカラフルさが強く印象に残ります。
 特に好みだったのがアイボリーとブルーに塗り分けられた近郊電車、いわゆる「スカ色」の一群です。
 本書ではスカ色の電車は裏表紙にちょこっと乗っているだけなのですが。
 それでも私の「スカ色近郊電車好き」の原点に本書があったのは間違いありません。

 一方で湘南カラーの方にはそれほど思い入れが無いのが不思議ですが。

 それと気づくのが機関車と比べた場合のジャンルとしての電車の特徴としての「私鉄の比率の高さ」です。
 関東や関西を中心に大手の私鉄がひしめく日本では各私鉄ごとに特徴あふれる電車が存在しそれらの個性が機関車以上に際立っているのが特徴と言えます。
 本書でも国鉄の電車は形式ごとに頁を割いて解説されていますが各私鉄に関しても全形式とはいかないまでも各社の特徴を中心に要領よくまとめられています。

 小学生の頃本書を初めて読んだ時に一番魅力を感じたのがこれら私鉄の章でした。
DSCN8989.jpg
 しかも本書に掲載されている私鉄は大都市圏の大手ばかりですから「私鉄電車=都会の象徴」と映りました。
 実際には3扉の電車は関東以西では田舎でも普通に見掛けますし、大概の県に地方私鉄なんて物が存在しますから必ずしも通勤電車=都会と言う訳でもないのですが。
 ですが、それを認識したのはずっと後の事です。
 巻頭のグラビアを覗けば本書の主要部分は白黒ページなのですが私鉄の章に来るとモノクロの写真なのに各私鉄の電車のカラーリングが色鮮やかに脳内に再現されとても楽しめた記憶があります。
DSCN8987.jpg
 本書でもページ数の関係から地方私鉄や旧国にはほとんど触れられていませんでしたから、余計上述の印象が強められていたと思います。
 (とはいえ、この傾向は当時の鉄道本全般の傾向だったので別に本書だけの責任と言う訳ではありません)

 今になって言える事なのですが「機関車~」で取り上げられていた趣味のコーナーが殆ど無かったのは惜しい点です。
 写真ひとつとっても単体の車両の魅力が主の機関車と編成美がメインの電車とでは撮り方も違ってくるはずですし、模型でも同様に電車ならではの楽しみ方が載っていれば楽しめたのにとか思います。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント