瀬野八ロコのパレード

DSCN6244.jpg
 先日のブログでC52を取り上げたり、中古屋でEF67が手に入ったりとかで最近瀬野八の補機のモデルが揃ってきました。

 そんな訳で手持ちのモデルを並べて単機回送の自宅運転会を久しぶりにやらかしたりします。

 こうして見るとこのジャンルは殆どマイクロの独占状態ですね(笑)
DSCN6247.jpg
 私から見たC52の魅力についてはこれまでにも何度か書いているのでそれに付け加える所は殆ど無いのですが、EF67とかEF59、EF61(200番台)などあそこで活躍する補機はどれもこれも独特の魅力があります。

DSCN6236.jpg
 碓氷峠の様に専用の機関車を新規開発している訳でなくいずれも既存のロコの改造と言う形で対応しているせいかどれも不思議な異形感というか特装感が感じられるのです。
 アニメのモビルスーツ系ロボットなんかで80年代中盤以降MSVシリーズをはじめとする「既存の機種の機能特化タイプ」みたいなのが流行した事がありますが、案外それらのルーツのひとつにこういうロコがあるのかもしれません。
DSCN6237.jpgDSCN6245.jpg
 ただこれらのロコ、どれもこれもレイアウト上では単機回送か確信犯的ドリーム列車の先頭に立てる位しか使い道が思いつけないのも確かです。
 現にここに並べたモデルはいずれも中古で半額程度の値付けで並んでいたものばかりでした。瀬野八ファンかよほどの機関車好きでないと手が出にくい機種ばかりなのも確かです。

 実際、実車の様に編成後尾から後押しさせると先頭の本務機との動力の協調が難しい事も多いので今後製品化するなら動力抜きの軽量モデルも出して欲しい所です。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。

この記事へのコメント