ブログ10周年をむかえて・その1

SNShoIMG_0693.jpg
10年前の6月5日は私が「光山市交通局」名義でブログを開始した日であります。

 開設当初は「鉄道と鉄道模型の話しかしないブログが何年持つことやら」とか思っていたものですが、途中ブログサービスの閉鎖に伴う変更があったにせよ10年続いたのですから我ながら大したものです(笑)

 数えてみたら今日までのこのブログの投稿した記事数は3022件、前のブログから引き続いての訪問者数はトータルで80万くらい(但し前のブログと現行のブログでカウントの仕方が異なるので実数はもっと少ないはず)です。

 そんなわけで今回はこのブログの10年間の思い出を語る自己満足企画で埋めたいと思います。
 ちなみのこのブログの下書きを書いているのは「自宅の台所で晩飯のシチューを煮ているのを横目で見ながら」というシチュエーションです。

 10周年記念だというのに何といういい加減さ。

 さて、10年前に始めた時は「ブログと言っても一体何を書いたものやらわからない」という感じそのものでした。
 最初の内はとりあえず2年前から作っていたレイアウトの紹介でお茶を濁していたのですがその第一号ブログの内容はこんな感じです。
(以下引用)

SNShouo7100003.jpg
「よ市とトロリー」
 私の実家(最近朝の連ドラの舞台となっている)の盛岡ではこの時期毎週土曜日に「よ市」というイベントが毎週開かれています。
 レイアウトを作る時、この「よ市」の風景を模型化したくなり昭和末期のイメージで作ってみました。
 とはいえ、盛岡では路面電車どころか私の幼少時には「ドアの3枚以上付いた電車」すら走ってなかった所ですから、路面電車や駅と組み合わせる時点で既に架空の風景な訳です。
 店舗は基本的に市販キットの組み合わせですが、出来るだけ当時の建物に近い物を選択しました(但し角地のビルは除く)
SNShouo71SNShouo71DSC00453.jpg

(以上、引用終わり)

 全く今読んでも短い上に面白くないくらいに味もそっけもない文章と内容でした。まあ、いまの文章とそれほど違わないと言われればそれまでですが、それでも当時は非常に緊張してアップロードした事を覚えています。
 それでもしばらくしてこのブログにコメントを寄せて下さった未知の方が複数いた事には驚くと同時に有難いと思ったものでした。

 そんな訳で今月と来月くらいまではいつものブログ記事と並行してこれまでの10年間を俯瞰して気付いた事や思ったことを折に触れて書いてみたいと思います。
SNShoIMG_2368.jpg
 最後に
 これからも鉄道か鉄道模型の話ばかりになると思いますが当ブログを今後ともよろしくお願いいたします。
光山鉄道管理局
 HPです。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント

Manic
2017年06月06日 07:38
10周年おめでとうございます。

自分がこちらのブログを知りましたのはここ数年といったところですがその文章に考えさせられたり共感したり、果ては貧乏コレクターの自分からすると「この品をどうやって?!」と驚かされたり(笑)と常に楽しく拝見させてもらっております。これからも楽しく素晴らしいブログ楽しみにして参ります。
2017年06月06日 10:01
祝!10周年
おめでとうございます!(^^♪

10年とは一区切りとしても長い期間であり、私も3年ほど前の緊張して何度も文章を構成した割に、分かりにくいものだったと思っています(笑)
光山市交通局さんのブログは、製作の視点や収集のバラエティーさで驚かされたり、為になったりと、多岐にわたり恩恵にあずかっております。
今後も楽しみに拝見いたしますので、よろしくお願いいたします。
2017年06月06日 10:28
おはようございます。
ブログサイト「鉄道に萌え」管理人のHNくさたんと申しますm(_ _)m
管理人様ブログ開設10周年おめでとうございます!
「光山交通局のブログです」は日本ブログ村に登録してから拝見させて頂いております。レイアウトの記事は色々参考になることもあり楽しく拝見させて頂いております。
生まれは宇都宮なので国鉄時代の話題は管理人様の故郷である東北本線
関連で共通した部分もあり、旅行記なども愉しませて頂いております。
今後も末永く貴ブログの益々のご発展をお祈りしております。
夢鉄道
2017年06月06日 10:46
ブログ開設10周年を迎えられおめでとうございます.

楽しい趣味を持つことで人生が豊になりブログを介して多くの方々に喜びを共有することができますね。
これからも素晴らしいブログを楽しみにしてます。(^^)/
光山市交通局
2017年06月06日 21:25
>Manicさん

 ありがとうございます。
 
~「この品をどうやって?!」~
 実はこれについては私自身も驚いています。
 入手に際してかなり偶然と幸運が働いているのですが、こればかりは神様に感謝としか言いようがありません。ただ、私自身は純粋なコレクターとは違う立場なので自分なりの愉しみ方の中でそれらのアイテムを生かしてゆ期待と思っています。

 今後ともよろしくお願いします。
光山市交通局
2017年06月06日 21:29
>がおう☆さん

 ありがとうございます。

 製作に関して腕もなければ金もない自分としては視点とバラエティくらいしか磨ける物が無いという事もあるのですが、歳を食っても磨き続けられる様にしたいと思っています。

 これからもよろしくお願いします。
光山市交通局
2017年06月06日 21:34
>くさたんさん

 ありがとうございます。

 そちらのブログも折を見て拝見させて頂いています。
 東北本線は幼いころからの馴染みの路線であり今でも思い入れは強いですね。殊に国鉄時代のそれは自分の子供時代と重ねてしまうせいかノスタルジックになってしまいます。

 拙いブログですがこれからもよろしくお願いします。

光山市交通局
2017年06月06日 21:37
>夢鉄道さん

 ありがとうございます。

 趣味の世界ゆえに実生活のしがらみを忘れつつも、気がついてみたらそれが実は人生にいい意味での影響を与えていた。
 そういうのが理想ですが少しでもそう言う境地に近づければとも思っています。

 これからもよろしくお願いします。
レサレサ
2017年06月06日 22:13
「10周年」ということはブログを始めた頃は鉄コレ(確か第1弾が2006年だったはず)がある程度出回り定着し始めた頃ですよね。

私が鉄道模型に入り始めたのは2009年頃でした(『週刊 鉄道模型 少年時代』の創刊号のディーゼルカーが最初期の車両だったので)。
その後、Nの小ぶりな蒸気機関車を調べているうちにフライッシュマンのBR98の話を見たのが初めてここを知った時だったと思います(うろ覚えですが)。

今後も面白い情報ぜひよろしくお願いします。
光山市交通局
2017年06月06日 23:29
>レサレサさん

 ありがとうございます。

 小型蒸機モデルは「週刊SL鉄道模型」のレイアウトを作った関係で関心が高かったのですが中でもBR98の走りっぷりは最高でした。
 こんなのが「外箱がなかった」というだけの理由で信じられない安さで買えたのもいい思い出です(笑)

 今後ともよろしくお願いします。
2017年06月07日 21:23
 10周年、おめでとうございます。

 鉄道模型関係のブログは数多くありますが、「光山市交通局」の記事は私のツボに入るものが多く、本当に大好きです。

 積み重ねてこられた歩みはまるで書籍のようで、過去記事も読み応えがあり、時間を忘れて読みふけることも。

 これからも、更新を楽しみにしております。
 お身体、ご自愛くださいませ。

 
  
光山市交通局
2017年06月07日 23:33
>KOUさん

 ありがとうございます。

 殆ど思いついた事を思いついたままに書き重ねてきたような10年ですが楽しんで頂けている様で光栄です(汗) 

 多分今後もこんな調子だと思いますが、これからもよろしくお願いします。
大ヨト
2017年06月08日 18:54
10周年、おめでとうございます。
こちらのブログを拝見するようになったのは、過去の記事をたまたま見かけた時に、模型とラジオについて述べられていたのがきっかけでした。
私が過去に地元の図書館でよく読んでいたんですが、雑誌名すら失念していた状態でしたので、貴ブログのおかげで長年のモヤモヤが晴れました。ありがとうございます。
(あの雑誌、古本屋でも何故か殆ど見かけないんですよねぇ…。)
その他、模型以外の特撮ネタやら過去のオーディオとかビデオ規格等々を織り交ぜた話、非常に独自性があって面白いと感じています。
こちらは工作らしいことは全然しない、買って来るだけの自堕落車両コレクターで、レイアウトなど望むべくもない貧弱な環境ゆえに、レイアウトに関してコメント出来ないのは申し訳ない限りですが、今後とも宜しくお願いします。
毎度ながら長々と失礼しました。
光山市交通局
2017年06月09日 00:09
>大ヨトさん

 ありがとうございます。

 仰る通りで「模型とラジオ」のバックナンバーはなかなか出物を見ないですね(あと「模型と工作」「子供の科学」も)この種の模型総合誌は最近の専門性の高い模型誌の中で中途半端な立ち位置と捉えられやすいのもあるかもしれませんが、なんだか寂しい話です。

 これからもよろしくお願いします。