あの頃の「わがアキバエクスプレス」2 何故か京王ですが(汗)

DSCN8623.jpg
先日お話した「アキバエクスプレス」のはなしその2です。

今の私の場合、クルマと電車のハイブリッドでより安価に早く秋葉原方面に行く方法がいくつか出てきましたから、その頃に比べるとかなり秋葉が近くなったのは確かです。
特に圏央道が開通し京王線沿線の特急停車駅が手近になったのは大きい。

おかげで京王線経由、新宿で総武線に乗り換えて秋葉原かお茶の水に直行というのが最近のパターンです。
(京王からだと中央線快速のホームが無闇に離れてしまったために乗り換えのメリットが薄まりました。第一総武線の方がホームも近い上に座れやすいw)

京王線の特急、または準特急は別料金でないのが有難い反面、車両は普通電車とほとんど同一。
しかも各駅停車から特急までの間に準特急、急行、快速と無闇に列車種別が多いせいか単純に「停車駅が少ない分早い」という不思議な印象もあります。
DSCN8622.jpg
まあ5000系、6000系の頃から京王の電車は個人的に好みのデザインが多かったですし、乗るのも苦痛という訳ではありません。
ただ、用途が用途なだけに新宿どまりの筈の京王の電車が私にとっては「アキバエクスプレス」と化しているのも事実です(笑)

その京王も来年から特急料金を取るクロスシートの車輛が就航との由。
幾分でも秋葉行がデラックスになるかもしれません(でもそれだとJRとコストが変わらなくなりそうですが)

実はこれとは別に学生時代の実習先が世田谷だった関係で、5000系が辛うじて残っていた頃の京王線はそれなりに昔から馴染みはありました。
幼少時の「模型と工作」の記事で京王5000系の端正なデザインには憧れがありましたから新宿から実習先までの行き帰りは結構楽しめた記憶があります。
DSCN8624.jpg
その当時5000系を駆逐し始めていた6000系、当時の専門誌では「他社の電車と変わらなくなった」とかもっと過激な物言いでボロクソに書かれていたものですが、個人的にはこれも結構京王らしいデザインと思っていました。
その6000系も5000系と違って地方に譲渡される事もなく廃車されていった事もあって、今では懐かしがられる存在になりましたが。

最近だと5000系のなれの果ての一部が富士急行で運用されているのであと一回くらいはまた乗りたいところです。


そんな思い出に浸りつつ先日歴代の主役が揃ったばかりの京王の電車をレイアウトで走らせてみたりします。
時代も設定もへったくれもないのですがどれもこれもが今となっては懐かしい(いや8000系は現役ですけど)
DSCN8621.jpg
上述の有料セミクロスシートの優等列車。
料金面でのメリットが薄れますが、私の事だから運用され始めたら一度はきっと乗るんでしょうね(笑)

光山鉄道管理局
HPです。車両紹介「自作・改造」の項一部追加しました。

にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント

2017年07月28日 15:36
私にとっての京王は、学生時代には、都会へ行く電車。
社会人になってからは、移動手段でした。

学生時代は、新宿へ遊びに行く時のみに利用してました。
そういえば、当時は雨が降ると必ず遅延するので、京王線は紙で出来ているんだと通学で利用している友人は冗談を言ってましたね。

社会人になって、一時期、勤務地が府中と都内の2箇所になり、2箇所を行き来する為に移動手段として京王を利用していました。
利用するのは、もっぱら特急ですが。

府中勤務の頃は、昼に食事に出たついでに、時間があると府中ー分倍河原間のカーブで電車を眺めてました。

でも、その頃の興味の対象は、武蔵野線の貨物列車でしたが・・・。
光山市交通局
2017年07月28日 23:06
>oomoriさん

>当時は雨が降ると必ず遅延するので~
 言われて思い出したのですが、京王線利用で雨に降られた記憶が殆どありません。JRやクルマではザラだったので不思議と言えば不思議です。

 私も速さで言えば特急か準特急を使う事が多いですね。
 たまには各駅停車でのんびりというのにも惹かれますがロングシート車でかなり込み合う事も多い私鉄の幹線ではあまり旅情を感じないのも確かではあります。
 高尾近辺の(時間帯によりますが)超ガラガラ状態を見たりすると京王にもクロスシート車があればとか思うことは多かったです。
(今回新設の特急は当面高尾には行かない様ですが・・・)