鉄道模型の「変形」に思ったこと

 今回は少し思ったことから。
 先日見ていたブログのコメントで、鉄道模型のある特定メーカーの動力部のダイキャストブロックの変形・崩壊が話題になっていました。

 そこのメーカーのモデルでの崩壊(膨張)事象は私自身経験していますし、その時にはかなり腐ったのも確かです。
 ですが、ダイカストやホワイトメタルの変形や崩壊は(頻度はともかく)特定のメーカーだけに起こるものでしょうか。

 私が聞いた範囲ではこの種の変形事象の原因としては、鋳造時の合金の配合のミス、あるいは同じく鋳造時の異物の混入が挙げられるそうです。
それも製造時に即トラブルが出るならまだ良いのですが大概の場合年単位でゆっくりと進行するだけに始末が悪いですし、外見上のハンデだけだったらまだ修正の可能性があっても動力系のフレームだったりするとその時点で即走らなくなったりします。
SNShouo71IMG_5869.jpg
私の乏しい経験ではE社のEF57の屋根上モニタの変形が有名なところでしょうか。今ですと中古ショップに並ぶ同社の57で変形のない個体を見つける方がはるかに大変(それだけにそういう個体を安価で見つけた時には逆に心底驚きましたが)だったりします。

 また、動力系では親類から譲り受けたM模型の16番のC54の動力系でのフレーム部のダイキャストブロックが微妙にしなる形で変形しており三軸の動輪がきちんと接地しなかったということがあります。
DSCN7069.jpgDSCN7068.jpg
 これに加えて話題に上がることの多い某メーカーのC53のダイカスト膨張なんかは全くネットの話題通りの壊れ方でしたし、実物こそ手にしていませんが奥にジャンクとして出されるT社のNゲージED75のいくつかに至っては床下機器一体式のダイカストユニットがリコール物のレベルすら通り越して「メタモルフォーゼのレベル」にまで変形しているものすら目にします。

実は75年当時の専門誌の工作記事の中にもこのED75のユニット変形を窺わせるトラブルが載っていますからこの問題も昨日今日の話ではない様です。

 こう言う実例をいくつか見させられると鉄道模型そのものが信頼できない気にすらなりそうですが、これまでの乏しい経験からすればこうした変形はメーカーとかブランドを問わずどのモデルにも起こりうる事のようです。ただし、同じモデルでも製造ロットや時期によって変形が出るようで、事前に見分けられないだけに困ります。

 ですから、ある意味全ての模型がこの手の時限爆弾を抱えている状況であるとも言えますが、40~50年経った今でも変形なく走るモデルが大半であることを思うと、これもある意味「運もの」かもしれないと思えます。
DSCN8626.jpg
 例えば上記のED75ですが、40年以上前のモデルなので40年経って変形がないならまあ大丈夫だろうと思って買ったりします。これから変形するかもしれないですが(大汗)
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント

Manic
2017年09月02日 09:18
 ダイキャストの問題はメーカーそのものからの問題では無く生産国の問題かと思う方が多いと思います。T社のED75含む初期製品は香港製品、某社は中国製品、この国々で生産された物全て低品質ではありませんが生産管理とかしっかり目を光らせてないと利益重視に走りやすい国民性とか体質とかが残念ながら無いとは言えず、結果この様な事が起きやすいのは客観的にみて事実なのかと思います。
光山市交通局
2017年09月02日 21:37
>Manicさん

 生産国の体質と言う面は無視できませんが、上述のモデルでEF57とC54は日本製ですのでそれだけとは言い切れないところもあります。

 これは私見ですが、こうした製造品質管理のトラブルと言うのは発展期の工業国では一度か二度は必ず見られる現象と思います。

 かつては日本や英国もそうでしたし、鉄道模型ではありませんがトミカが中国生産になった直後はあまりの出来のひどさに一時トミカをやめようとすら思ったものです。
 ですがその後、造形や品質の改善が進み3年目くらいからはかなり見られるレベルに進歩しました。現在のトミカはさらに人件費の安そうなベトナム製ですがやはり改善途上と言う印象を受けます。

 とはいうものの、自分のお気に入りだったモデルがある日突然ダイカストが膨らみましたなんて事になると許しがたい気分になるのも確かで、難しいものです。
レサレサ
2017年09月03日 00:32
変形と言いますと、『鉄道模型趣味』は息が長い雑誌なので経年劣化報告が結構あります。

・紙製車体がすり減って繊維がボロボロになった。
・プラ板が変形して反ってしまった。
・梱包材のスポンジが塗料と反応し車両にくっついた。
・ウェイトの鉛粒がボンドと反応して膨張し煙室が破裂した。

・・・最後のは私も吹きましたよw
後に機関車視点で破裂までの経緯の話(「破裂の少し前、創造主様は私のランボードが曲がっているのを見て老眼が進んだかと首をひねりました」とかいった内容)が書かれていたほどですし。
光山市交通局
2017年09月04日 21:53
>レサレサさん

 瞬着の膨張によるウェイトの破裂の記事は私も読みました。
 あれを読んだ時には「鉄道模型が10年単位で使えるかどうかも分からなかった」時期だっただけに衝撃的でしたね。

 現実にはNゲージでも30,40年選手のモデルがまだ走れたりするのでこういう問題も現実味を帯びて感じられるようになった気がします。