マイクロエースのフリー機関車3題

今回は先日の時計屋さんでの入手モデルの話。

昨年暮れ以来、あそこのエバーグリーンでのNゲージ中古モデルがすごいことになっているのですが今回の上京でも引き続き驚かされました。

何しろしなのマイクロのブラス電機が「2両セットで六千円」エンドウの機関車4両セットが八千円弱なのですから。奥の相場の半額以下でモデルもピカピカ。
もし私の持っていないモデルでもあったら迷わず手を出していたであろうことは間違いありません。
DSCN9803.jpg
ですが今回私の琴線を揺さぶったのはその隣にあった別のモデルでした(笑)
同じマイクロエース(旧)の三軸フリー機関車たち。
中でも産業用凸型機関車は他のフリーに比べてオリジナル色が強く棚幡線でも使えるサイズなのに惹かれました。

・・・これが走ればですが。
DSCN9801.jpg
店頭で試走させようと線路に乗せた時点で気づいたのですが3軸の中の端の1軸が線路から浮き上がっています。
旧マイクロエース(日本製)の動力ユニットはギアの精度に問題があったりウェイトが経年劣化で変形している個体が非常に多いのが特徴なのですがこのモデルもそうしたひとつだった様です。勿論通電してもうんともすんとも言いません。
DSCN9810.jpg
普通ならそこで諦めるところなのですが、店頭には他にもマイクロの3軸機関車がいくつかありました。これらはボディこそ違え動力ユニットは同じものですから走れるモデルから動力をコンバートするという荒技が使えるのです。
その中からすでに手持ちがあるED91タイプ、今回初めてまみえるDD51タイプをセレクト。いずれも走れることを確認した上で一緒に購入しました。
DSCN9805.jpgDSCN9807.jpg
一見、豪気な買い物に見えますがこれらのロコはどれも1両1200円。3両買っても5千円でお釣りが来ます。

帰宅後、予定通りED91のそれをコンバートして走れる様にしてしまいました。
それにしても、今回のは車輪が浮き上がるくらいにシャシが変形していたわけですがこういう個体に当たったのは初めてです。
過去のケースではモータとギアの噛み合わせが不完全でモーターだけ空転するのが殆どでしたから。ユニットの機構が単純な構造だけに一旦こういうのが出ると修正が意外に難しいのです。

とは言え望外の掘り出し物だったのも確かです。
光山鉄道管理局
HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント