ク5000をローダウンする(笑)

 先日KATOのク5000用のミニカーのはなしをしましたが、今回はそれに関連して。
DSCN5445b.jpgDSCN5446b.jpg
 現在私の手持ちのク5000はKATOが2両、旧ナインスケールのが2両という陣容です。
 上の写真を見てもお分かりの様にこのふたつ、造形そのものの差は置いておいても、ナインスケール仕様のク5000の方が相当に腰高になっておりまして、通常の状態でこのふたつを併結すると「同形式なのにまるで別の貨車みたいに高さが違ってしまう」事になります。
 まあ、普通に考えれば「こんな古臭いナインスケール使用なんかさっさと捨てて現行のKATOの新車を買う」のが理に叶ってはいると思います。
 が、生来の貧乏性と、そろそろ年寄りに近づいた世代特有の勿体無い病の影響なんかもありまして、なんとかナインスケール仕様を生かしたいという思いもありました(笑)

 実はナインスケールのク5000の腰高問題は昭和51年にこのモデルがリリースされた当時から指摘されていた事でした。

 同年のTMSの11月号(あの「TOMIXの登場が発表された号!」)にク5000の車高を下げ、連結間隔を詰める方法(後述)の記事が掲載されていたほどです。
 当時の私も手持ちのク5000(今は親類に譲渡)を使ってローダウン(当時はこんな用語はありませんでしたが)に挑戦しそこそこの成果を上げた記憶があります。ですので今回もそれに準拠する形でク5000の腰を落とす作業に掛かりました、
IMG_3067.jpg
 まず台車を外し、真上にあるウェイトを外します。ク5000のウェイトは床板パーツに焼きつぶしで留めているだけなので焼きつぶしのポッチをカットすれば簡単に外れます。
 外したウェイトをよく見ると、経年による錆が浮いていたのはまだしも車輪のフランジが当たったのか絶縁の塗料がはげかけているところが散見されました。
 下手をするとショートのリスクもあったと思われるのでウェイトの撤去は正解だったようです。
IMG_3068.jpg
 あとは突き出した端梁部をカッターで2,3ミリカット、センターピン(これがまたKATO辺りに比べると華奢なこと!)もそれに合わせて長さを詰めます。
 これだけの事を2両分行なって、所要時間は20分弱、費用はロハな上に甲府モデルの客車キットにでも使えそうなウェイトが4枚も手に入ったのですからコスパだけなら最高な部類でしょう。

 因みに端梁をカットしてローダウンするテクニックは同じナインスケールのタキ3000でも使えます(むしろウェイトがない分楽)これもKATOとの混結時の違和感を多少は抑える効果があります。

IMG_3064.jpg
IMG_3065.jpg
 2,3ミリと言っても実物換算では何と30センチ以上のローダウンになる訳ですから見た目が変わらない訳がない。
 カット前に比べて明らかに腰回りが落ち着きました。
 とはいえ車輪のフランジが異様にデカい事もあってKATOの旧製品と比べてもまだ1ミリ近く腰が高いのですが。
 おまけにウェイト搭載時に比べて台車の左右へのふらつきが大きいのでローダウンしているにも拘らず「高速コーナーで相当にふらつく」悪癖が出ています。カーブでは丁寧な走りが求められますがスケールスピードの範囲内ならまあ安全です。

 あとはこのモデルのもう一つの特徴である「異様なほど長いカプラーの柄」の対策が必要ですが、これなどは適当なアーノルドカプラーに差し替える予定です。
 とりあえずKATOと併結時の違和感はかなり緩和されました。搭載するクルマは今回製品を統一したので、編成でもどうにか見られます。

 それにしても今回の改造を思いつかせたのは貨車そのものよりも「搭載する自動車のモデルが出たから」というのが何ともな理由ですね。
 ク5000が4両に緩急車という割合貧弱な組み合わせですがうちの程度の規模のレイアウトならこれでも十分ではあります。

 ・・・ですが今どきこんな改造のニーズはありませんね。第一ナインスケールのク5000自体出物が減っている上に中古もほぼ投げ売り状態ですから。
 それに先に書いた様に現行のKATO製を買った方が手っ取り早いですし。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント

レサレサ
2018年05月12日 22:42
ローダウンではないのですが、自分は河合のボギー貨車が不安定(台車がぐらぐらする、外れそうなのではなく隙間が大きい。)なのが気になり、台車を外してこれをはめているプラパイプを削って短くし、2mm奈時のワッシャーをはめて解決したことがあります。

こうしたことをやってもカプラーの位置が変わらない、台車カプラーはありがたいですね。
光山市交通局
2018年05月13日 20:48
>レサレサさん

 河合もナインスケールも出自は同じなので、ある程度ノウハウが共用できるというのはそちらのコメントで気付きました。

 ワッシャを使って安定させるというのはアイデアですね。機種によってはワッシャがウェイト代わりになりそうですし。

 ワッシャを大量に買いこんで「甲府モデルのペーパー貨車のウェイトやセンターピンにも使うなんてのも今思いつきました(笑)