GMの鎮守のはなし

今回は10年近く当レイアウトに鎮座している鎮守のはなしから。

SNShouo71DSC00403.jpgSNShouo71IMG_4184.jpg
 写真では分かりにくいですが併用軌道の電車の奥に小さな鎮守があるのがお分かり頂けるかと思います。

 この鎮守、街の雰囲気には合いにくい造りなのですが昔、この辺りは村に毛の生えたような所だったと設定するほかありません。建物は20年程前のグリーンマックスのガイドブックに付属していたペーパークラフトを組み立てたものです。ただ、そのままだと立体感に欠けると思ったので柱や扉の部分は紙を貼り足してあります。
 鳥居や灯篭はプラキットの付属品。これらをスタイロフォームのベースに取り付け地面処理、植樹しています。

 樹木についてはかなり大きめの木ばかりを植えてしまいましたが、近所の鎮守(田舎の奴ばかりですが)を観察したところではこの程度の規模の神社でもこれ位の大木はざらに見られるようです(それでも6階建てのビルに匹敵する高さですが)
 と、ここまで作った所で町並みコレクションのトミーテックが神社を出すという情報が入ってきて思わず呆然。建物だけでも差し替えようかと思案中させられました。
SNShouo71IMG_0517.jpgSNShouo71IMG_1288.jpg

 ですが実際ジオコレの神社が出て見ると、サイズ的にあまり変わらない上にGMの奴にもそれなりに愛着を感じてしまった事から結局そのままになってしまいました。

 以来、レイアウトの中で街並みにはそれなりに変遷がありましたが、この鎮守だけはずっと位置を変えないままレイアウトの変遷を見届けてきました。丁度まん前を併用軌道が走っているので、新車が入るたびにここの前をお目通りさせる風習が数年前まで続いていたほどです。
PC201098.jpgPC201096.jpg


  そして10年。物がプリンターから起こした印刷物だけに褪色が激しくなり鉄道模型的に「古色蒼然」になったうえに周囲のビル街の建て替え(交換w)が進みすっかりビル街に埋没してしまいましたが、現在も現住所で頑張っています。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



この記事へのコメント

レサレサ
2019年01月29日 22:22
宗教施設だと自分は町の中央に教会(ジオコレの教会B)を設置したことがあります。

教会の入り口から右手に専用軌道の急カーブがあって、その隙間埋めに墓地へ続く細い小道があり、かまぼこ型になる道は円形の花壇(ジオコレの公園についてた奴)で太さをなるべく一定に見せ、建物の裏に回ると小さな墓地が広がっているという構造でした(現在は解体)。

今思うと後ろ側にちょうど円形の出っ張りがあったんだし、ここを急カーブの内側にすればよかった気がします。

ちなみに中身も作りこもうと窓ガラスを壊してプラ板で付け直すなどしたんですが、キリストやマリア像・十字架などそれっぽいものがないので、道祖神(ジオコレの「蔵」に地蔵や石碑とセットでついてた奴、人型の物体が背後の石版からレリーフ上に突き出ている。)を設置するなどもはや宗派どこだよ状態でしたw

光山市交通局
2019年01月31日 21:38
>レサレサさん

 私の故郷には街を見下ろす丘の上にハリストス正教の教会がありまして結構目立つランドマークになっていました。
(有名どころではお茶の水のニコライ堂がありますが正教会の建物は何故か東北に多いのだそうです)

 これはレサレサさんが使われたジオコレの教会Bとよく似た外見なのですが、私の場合は故郷のイメージもあって線路のトンネルのある丘の上に配置しています(笑)
 インテリアには特に凝らなかったのですが、調べて見たら正教会の内部はかなりデコラティブな装飾が多い様なので下手に手を出さなくてよかった様な気もします(汗)