701系盛岡色の三者三様(汗)

 先日のトレインフェスタでJREの鉄コレ701系盛岡色をものしましたが、前にも書いた様に私の手持ちで「701系現行盛岡色が3編成在籍」という昨年の今頃には考えられなかった状況になりました。登場時の旧塗装(マイクロ製)も入れると4編成なのだから豪儀な話です。
P6271093.jpg
 この3編成、何れもベースは鉄コレの青い森鉄道仕様の701系をリペイントしたものですが、それぞれに帯や塗料の差異があり、並べて見たら文字通り三者三様の状態。先日久しぶりにこれらを走らせながら比較してみました。
(とか言いながら動力はどれも同じ鉄コレ動力なのですが)

 盛岡色を特徴づける紫色の帯ですが、最初のモデルがヱスビーモデルのインレタ、二度目のモデルははるを製作所のデカール、今回の鉄コレがトミーテック純正仕様になります。こうして並べて見るとベースカラーの影響を別にしてもヱスビーが紫が濃いめではるを、鉄コレの順で色が淡くなっているのが分かります。
 鉄コレの仕様は最も帯色が淡いですがそれだけでなく少し紗が入った様な質感でした。個人的には実車のイメージからやや遠い気もします。
P6271095.jpg 

 ボディカラーもMrカラーのステンレスシルバーを使った仕様だけくすんでしまいましたが、これは元々純正色ではないのでやむを得ません。GMのステンレスシルバーを使いたかったのですがどこを探しても出物がなかったため代用カラーにした結果です。この春にはるを製作所のデカールを使った時はガイアカラーのステンレスシルバーがようやく入手できたので、鉄コレに近いトーンで塗装できました。
 あと先行の二編成はボディ自体をリペイントしているので当然JRマークはなし。
 行先幕や側面の表示部もボディカラーそのまんまです。
P6271089.jpg 
 但し先頭車の行先幕だけはマイクロの701系盛岡色(旧塗装)のステッカーをそのまま転用、2編成目では白地のJRロゴが手に入ったので(大きさがやや大きいですが)どうにかごまかしています。
P6271091.jpg
 ベースと動力が同じなので造形面の差異は全くなし。
 あと鉄コレの場合、青い森鉄道の仕様と今回の盛岡色とでは屋根板の灰色のトーンが異なり、編成にすると結構目立ちます(汗)

 701系はマイクロ、鉄コレと続きあとはこの秋に予定されているKATOの仕様のリリースを待つばかりですが(盛岡色が出るかは別として)そうなると今度は純粋にメーカー毎の造形の違いが出てきそうですね。
 KATOの場合外見のよく似たE127をリリースした事があるのでそこからどこが進化しているのかが見どころと思っていますが。

 それにしても故郷で走っている仕様だからとはいえ、3編成も揃える事になるとは我ながら驚きです。いつから私はそこまで701系に入れ込むようになったんだか(大汗)
 
 光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント