今年最初の鉄道カフェにて 「甲府モデルの新製品」

IMG_5992~photo.jpg
今週初め以来、当ブログのアップロードが手間取ったり新着情報が上がりにくくなっていましたが、それもどうやらひと段落ついたようです。
そろそろ通常ペースに戻そうかと思います。

先日の平日休、昨年暮れ以来ご無沙汰していた行きつけの鉄道カフェにお邪魔しました。
IMG_5350~photo.jpg
最近、ここへ来るたび注文するようになった横須賀色フロートを片手にご店主やお客さんとモケイ談義ができるというのは待田舎暮らしには全く有難い事です。
さて、ここの見どころの一つは甲府モデルの新製品が見られる事。
聞く所では週末に行われるという大阪のイベントに持ち込むための新製品や試作品がずらりと並びちょっとした内覧会の気分です。
IMG_5988~photo.jpg
先日発売された16番の新機軸、天賞堂の「T-Revorution」シリーズ。第一弾はクモヤなのですが
IMG_5987~photo.jpgIMG_5986~photo.jpg
側板の組換えで身延線のクモハ123に改造するキットと言うのがありました。第一弾がクモヤという事で実をいうとあまりT-Revorutionに注目していなかったのですが(恥)1両で完結する単行の電車になるならなかなかお手軽に16番が楽しめるコンバージョンと思います。
IMG_5986~photo.jpgIMG_5989~photo.jpg
なんだか見ていると急に欲しくなってきました。

IMG_5893~photo.jpgIMG_5888~photo.jpgIMG_5890~photo.jpg
Nゲージでは昨年のソニックシティでも発売されたというリニアモーターカー(試作車)が目玉です(すずめ模型)
3Dプリンタの一体成型ながらも、既存の動力ユニットを組み合わせて自走させる事も可能と言う優れもの。
どちらも子供の頃に図鑑なんかで見た「未来の列車」のイメージそのものです。
IMG_5894~photo.jpg
専用の線路(ダミー)も用意され抜かりはありません。

IMG_5990~photo.jpg
で、最新作が「エスカレーターの積荷」
これも積荷としてはなかなかの大穴モデルと思います(笑)

こんな風に「いつ出掛けても何かしらサプライズが味わえる鉄道カフェ」と言うのはひょっとしたらここだけかもしれません。

ところで、先日紹介した「60年前の模型とラジオ」のはなしでたまたま私がそれを持って行った折にそこに掲載されていた、とある貨車が貨車マニアのご店主の目を惹きました。
DSCN6711b.jpg
(「模型とラジオ」1959年11月号より画像引用)
キャプションには「国鉄の移動屋根式有蓋車(汽車会社製)」とあるのですが形式名なし。セメント輸送用で屋根が三つにスライドするようになっているとの事です。が、それ以上の事が不明で貨車に詳しいご店主にもわからない機種の様です。
もしご存知の方が居られましたらご教授頂きたいとこの場を借りてお願いします。

光山鉄道管理局
HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



この記事へのコメント

柴乃
2020年01月17日 15:57
検索してみたら、国鉄ワム49000形貨車というのが見つかりました

https://ja.wikipedia.org/wiki/国鉄ワム49000形貨車 (wikiepedia)

1960年に汽車製造で試作。汽車製造が独自に開発した方式で、20枚に分割された屋根板を、車端部に設けた屋根板格納室に積み重ねて収納する方式である。
レサレサ
2020年01月17日 22:15
>柴乃さん
>ワム49000形
自分もそれかと一瞬思ったのですが、写真見る限りこれは二軸車のそれではないように見えます。
(全長的にボギー車が自然かと)
ワム49000形については厳密には近い型の49100ですが、「里山工房」という樹木模型のサイトで写真が確認した所かなり形状が違います。
個人サイトなので直リンクはしませんが、「里山工房 古い車輌の写真」で検索(「里山工房」のみだと一般名詞に近いため無関係のが結構かかる)のあと「HOME >>古い車輌の写真>>ワム 4 変わったワム  (220) 」で手繰れば見れます。

イラスト見る限り「尖屋根」「ボギー車」「屋根がずれる」からするとトキ21500形が似てますけど、側面の観音開きが違うし、なにより制作がずっと後(1968年~)だしセメント輸送とは無関係(冷延コイル鋼板)。
ワキよりテキ・ホキが怪しいので探してみましたが、それらしいものがちょっと見当たりません。
(というか側面扉が観音開きって戦後の車両にしては珍しいですよね)
光山市交通局
2020年01月17日 22:33
>レサレサさん
>柴乃さん

 実はカフェのご店主が一番最初に違和感を感じたのが「この貨車がボギー車である」点だったようです。
 甲府モデルでは従来のメーカーがなかなか出さない貨車をキット形式で続々製品化しており、そのための資料も揃っているので、今回の形式名不明、写真がこれ一枚きりという謎の貨車に興味を示されたというところでしょうか。

 もし正体が判明し図面とかがあればキット化もあり得るかもしれません(笑)

 ただ、私の個人的な感触ではこの貨車は汽車会社が試作したものの、形式名が付く前にジャンクされた機種である可能性があるのではないかと考えています。
 これに近い貨車と言うと秩父鉄道のテキ100辺りが似ているようにも思うのですがレサレサさんの仰るように開き方が違いますし。