「レイアウトBOOK」とスタンプラリー(笑)

 昨年クリスマスのイベントでの購入品とそれにまつわるはなしから

IMG_5842~photo.jpg

 会場に着いて中を見て回った折、たまたますれ違った幼児連れのお母さんが手にしていた本の表紙に目が止まりました。

 その本というのが「TMS別冊 レイアウトサロン」!

 TMSの別冊というと昭和30年代の16番のレイアウトを語る上では外せない古典的な一冊なのですが、それを幼児の母が普通に持ち歩いているというのに驚きました。
IMG_5834~photo.jpg
 よく見ると会場の一角にTMSやとれいんの古書が段ボール箱一杯に詰まった一角がありどうやらそこで入手したものの様子。

 早速そこで何冊か物色しレジに持っていこうとすると

「お客さん、それ、違います」の一言が。

 実はそこの雑誌類は「会場内のスタンプラリーの景品」でスタンプカードを一杯にしないともらえないとの事なのです。

 慌てて入場時にもらったスタンプカードを片手に会場内を駆けずり回りスタンプを満杯にしてきました。いい歳をしたおっさんが目を血走らせて(というのは大袈裟ですが)スタンプ台を探し回る姿ははっきり言って異様の一言だったと思いますw
DSCN6712b.jpg

 そうやって入手したのはTMS選書の「レイアウトBOOK・1」です。

 本書は昭和50年代の16番とNのレイアウト記事から厳選された記事をまとめたものです。個人的な目玉は「ちくま鉄道」と「TSCレイアウト」の二大16番大レイアウト。
 かつてTMSを読み始めた頃に幼心にインパクトを受けた記事でした。

 他にも今では殆ど見なくなった16番の庭園鉄道やら欧州風に統一されたシーナリィのNゲージレイアウトなどが目を惹きます。あの頃は16番やNといえどもかなり自由な発想のレイアウト作りがなされていた事が今の目で見てもかなり新鮮でした。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント

レサレサ
2020年01月21日 23:44
私もNゲージブック2~8はそろえているのですが「1」がどうしても入手できず…ここならありそうだったなぁ・・・

このTMSの別冊はマジで今の時代では逆にレアな情報が載っているので持っていると国鉄時代のレイアウト再現や自作ストラクチャー工作に重宝します。
(現在保有は上記の7冊と「レイアウト・モデリング」「レイアウト・テクニック」「シーナリィ・ガイド」。シーナリィ・ガイドは貨物側線やローカル客車列車について詳しく乗っているのがマジでうれしい。)
光山市交通局
2020年01月22日 22:30
>レサレサさん

実は私が出かけたのは2日目の、それも閉会間際だったのですが、初日だったらもっと掘り出し物があったかもしれません。それを思うと残念感が(汗)

 TMS別冊はプロトタイプのガイドとしても貴重ですね。
 ただ取材するだけでなく一部は実際に模型化してしまうのが凄い
 私は「モデリング」掲載の貨物駅のクレーンをNサイズで自作した事があります。