みにちゅあーとの「バイク屋」さん

 この間から休日工作のメインになっているさんけいのみにちゅあーとのキットから
IMG_6161~photo.jpg
 今回製作したのは「バイク屋」です。
 角地に建つ少し大きめの個人経営の自転車屋兼業のバイク屋さんという趣です。

 私の故郷にもこれと同じような角地の自転車屋さんがあったので購入の時にはそれに対するノスタルジーもあったと思います。
 角地の店舗のストラクチャーとしては古くはTOMIXの角店、最近ではジオコレやジオタウンでもキットや完成品が出ています(なぜかGMだけは出していませんが)
P3292913.jpg
 普通の店舗と異なり角地の場合建物自体の形状も複雑であることが多く単なる箱でモデル化しても今一つリアリティに欠けるものが多いのですが、この自転車屋さんは屋根の形状やファザードから外れた部分の壁面の造形に角地の建物らしい複雑さが表現されています。
 なのでレイアウトではよくある「上から見下ろすアングルでの見え方」がなかなかいい雰囲気を出してくれます。
 (これに匹敵する完成品はジオタウンの角店位でしょうか。さんけいのキットでは角地の店舗に好ましい造形の物が多いようで食堂などは私も積みプラ化させています汗)
P3292919.jpg
 角地の建物だけに単純な箱型では薄っぺらになりがちですがこのキットはまず内部に仕切りを作った骨格をあらかじめ作っておき、そこに5面の壁面を貼り付け、最後に屋根を付ける形式です。
 そのため完成させてみると単純な箱型よりもモデルの強度が意外にありお座敷運転でも使えるレベルかもしれません。
 壁面の凹凸は紙パーツを何枚か貼り重ねる事でプラよりも繊細な、それでいてメリハリのある造形の看板建築にしているのが特徴的です。
P3292915.jpg
 この店舗も何らかのプロトタイプがある様ですが看板類は架空のデザイン。とはいえユーザーレベルの工夫でリアリティを与えることは可能ですしおそらく大半のユーザーは実行しているのではないかと思います。
P3292921.jpgP3292923.jpg
 これも完成させて他の建物の中に加えると街並みのリアリティが一気に高まる人徳があります。
 これも建物自体の形状が一筋縄でいかない所をきちんと表現しているからでしょう。ただの箱状の角店だとこうはいかないと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ SF映画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村





この記事へのコメント

レサレサ
2020年04月07日 22:26
>なぜかGMだけは(注:角店を)出していませんが
GMはプラキット組み立て前提だったので、作りにくいとかがあったんでしょうかね?
(一応「看板建築の商店」は「切妻2階建ての商屋」とパーツを共用しているので、正面側が2つあって角地向けなんですが普通に四角ですし。)

話変わりますが、角地の建物というと、ちょっと変わったのにうちの近所に「曲がり角の外側」を覆うようにあるL型の建物がありまして、Lの長辺1階が不動産屋(外側)とスナックA(角側)、2階がアパート(窓からすると4~5件分ぐらい?)、短辺がスナックB(ここは平屋)という変な形(↓こんな感じ?)。
(1F)
「スナックB?」「スナックA」「不動産屋」
「スナックB」道道道道道道道道道道道道道(ここから大通りに接続)
道道道道道道道 

(2F)
「アパート アパート アパート アパート」
「Bの屋根」 道道道道道道道道道道道道道(ここから大通りに接続)
道道道道道道道 

おそらく商店長屋の一種なんでしょうが、L型ってのは珍しいかも?
レサレサ
2020年04月07日 22:31
すみません。
文字で表示した図で「道」がクランク状に表示されてますが、実際はかぎ状に曲がった普通の曲角です。
光山市交通局
2020年04月07日 22:35
>レサレサさん

 GMの看板建築、私も作りましたが二つの面の落差が大きすぎてレイアウトには組み込みにくいところがありますね。

 角地の店舗とかビルというのは街並みのランドマークであると同時にいわゆる一等地(地方都市ではモータリゼーションの普及で車で入りにくい商店街や繁華街が敬遠されがちなので今では却って客の入りが良くないようですが)なのでテナントが多く限られた敷地を小分けにして分譲する」様なのが多いですね。

私の故郷にもL字の長辺側に「奥行1m未満、幅だけ数メートル」という鰻の寝床みたいなお菓子屋さんの角店(短辺側は奥行きのある喫茶店)なんてのがありました。

 ですがその雑然としたところや魔窟的な間取りが今となっては魅力的に映ります。

ジオコレの角店もいくつか出ていますがなんだかやっつけ臭い形状のものが多くていまいちのれません(笑)
2020年04月07日 23:00
久しぶりにこちらにコメントさせていただきます。
私もみにちゅあーとは多用しており、市販の建物では一番好みです。

こちら私のレイアウトですが、KATOのジオタウン以外の8つの建物はみにちゅあーとで、五重塔もみにちゅあーとになります。
https://blog-imgs-93.fc2.com/k/q/2/kq2100/P1070949__20160508215224d38.jpg

みにちゅあーとは作りがいい他に、照明を組み込んでも光が透けないのがいいですね。
ジオコレなんかは造形が好みでないのと、光が透けて、更に経年でプラが反ってきますので
ほどんど使いません。

今回の記事のバイク屋もレイアウトで使っていて、中にバイクを並べてます。
https://blog-imgs-43.fc2.com/k/q/2/kq2100/P1100762_.jpg
光山市交通局
2020年04月08日 21:15
>kq2100さん

お久しぶりです。

 漏光が少ないのはペーパーキットの強みですね。ファーラー辺りなんかだとプラキットでありながらペーパーの内張を使って照明対策をしていて手堅さを感じます。

 形状や間取りにリアルを感じるのがこのキットの身上のようですが、その意味では普通の住宅なども面白そうに思えてきているのでこれから買うかもしれません。

 そちらのお写真を拝見しましたが、並んでいるキットメイクが今私が作っている奴とかなりダブりがありますね。特に意識した訳ではないのですが選ばれるキットというのは集中してしまうものかもしれませんね(汗)
 それらのキットもいずれ紹介すると思いますのでその折はご笑覧ください。