久しぶりに「伊勢志摩ライナーとビスタカー」を走らせて

P4083072.jpg
 (私個人の)思い出の列車をレイアウトで走らせてノスタルジーに浸る新企画の第三弾です。

 
 かつてはお伊勢参りなんて一生に一度行けるかいけないかだった時代もありましたが、岩手と三重という距離の遠さもあって子供時代の私なども「お伊勢参りなんて一生に一度くらいしか行けないだろうな」とか思っていたのですが蓋をあけてみると、職員旅行だ無尽の旅行だなんだと2,3回は旅行しているのですから人間のめぐりあわせという奴は解らないものです(笑)
P4083082.jpg
 でその場合は大概バスを使うのが常でして、その中で「電車に乗って出かけた」というのは一度しかありません。
 たまたま岐阜に住んでいた弟を実家の両親が尋ねた折、(私を含めて)せっかく一家が揃ったのだからと新岐阜から名鉄に乗り名古屋で近鉄に乗り継ぎして行く事になりました。
P4083078.jpg
 往路は当時デビュー間もない23000系の「伊勢志摩ライナー」復路はすっかり近鉄の顔になっていた30000系「ビスタカー」と近鉄づくしの旅行となったわけです。
 ピカピカの新車状態の伊勢志摩ライナーが快適なのは勿論ですが、普通車に乗ってもグリーン車並みの豪華さの車内という私鉄特有のノリは当時結構新鮮でしたし、ビスタカーで「乗客に麦茶が配られるサービス」というのには驚きました。
 (田舎者はこういうもてなしという奴に弱いのです。当時は心底どう反応しようかどぎまぎした覚えがw)
P4083074.jpg
 ただ惜しい事に「二階建てデンシャ」はこの時点ですでにMAXE1系という「新幹線の総二階」に乗ってしまっていたので新鮮さが薄れてしまっていたのはなんともですが。
 とはいえ同じ標準軌の二階建て車でも「人間運搬車」と化していたMAXよりも「観光特急」のビスタカーの方が圧倒的に快適だったのも確かです(笑)

 今回レイアウトで思い出の列車を走らせようと思ってふと思い出したのがその思い出でした。
 幸い伊勢志摩ライナーはマイクロから、ビスタカーはエンドウとTOMIXから出ています。
 今回はこの2列車のすれ違い運航という事で。

 21世紀にリリースされたマイクロがそれなりにスムーズな走りを見せるのに対して、まるでブルドーザー並みのノイズをまき散らしながら走るエンドウのビスタカーの落差よ(涙)
 ですがリリース当時は登場がTOMIXより早かった事もあってエンドウのビスタカーはかなり売れたようです。このタイプのビスタカーはエンドウの中古品は地方の中古屋でも結構見かけましたが、TOMIXの同年式はあまり目にしません。
 走りはTOMIXの方がスムーズですし細密感も高いのですが、遠目で見るとエンドウの印象もそう悪くはないのです。
P4083080.jpgP4083078.jpg
 こうやってエンドレスのすれ違い運転を数周させるだけですが、それだけで十分楽しめました。
 さて、次回は何でいこうかなと。
光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。



この記事へのコメント

鉄道模型大好きおじさん
2020年04月10日 23:18
エンドウの近鉄30000系ビスタカー、私も持ってます。
確かに凄い爆音を響かせながら爆走しますね。
しかし、走りそのものは非常に安定してると思いますよ。
金属製のためか、塗装も綺麗ですし。
パンタグラフが壊れてもカトーのパーツで直せるのが便利です。

話は変わりますが、コロナ騒動は深刻ですね。
私の地元大阪府では、スーパーに買い物に行っても食料品売場や薬売場しか営業してません。
イートインスペースも使用禁止になっています。
2020年04月11日 22:57
 エンドウのビスタカー、懐かしいですね!
 このモデルは、当時としてはかなり売れていたと思います。
 ひょっとしたら、エンドウのNゲージ模型では最も売れたモデルかもしれません。
 ただ、その勢いもトミックスから同型モデルが発売されるまでだったようで・・・。
 さすがに 4,000円の価格差は大きかったようです。
 そのトミックスの初期モデルはドローバー採用で紙箱入りだったと記憶しています。
 中古で見かけたのは一度だけかな?
 確かにあまり見かけませんね。
光山市交通局
2020年04月11日 23:27
>鉄道模型大好きおじさん
>
当地でもこの10日ほどの間に感染者が急増しており全く他人ごとではありません。お互い気を付けたいものですね。

塗装のきれいさと造形での全体の印象把握の良さ、肉厚間のない窓回り、そして「中古の場合他のエンドウ製品より安価」とエンドウのビスタカーは美点が多いモデルと思います。
光山市交通局
2020年04月11日 23:34
>KOUさん

 実はTOMIXの初期モデルは今回のエンドウ製より前に故郷のハードオフで見つけて入線させていますが、仰る通りドローバー連結で違和感を感じた覚えがあります。

 細密度と走行のスムーズさでエンドウより優れ、ヘッドライトが点灯するTOMIXの訴求力は抜群だったと思いますがエンドウが出た段階でかなりのユーザーが飛びついてしまっていたせいか、TOMIXの初期モデルの中古を私が見かけたのはその時だけで以来トンと出物を見ませんね。

 今思い出しましたがエンドウ製のメリットとしてもうひとつ「スナックカーとの併結ができた」というのがあります。
 エンドウはこの為に増結用の無動力スナックカーを出していましたがTOMIXはスナックカーを出していませんでしたし、エンドウのスナックカーとつなぐと造形の落差が大きすぎる(汗)