甲府モデルの「リニアモーターカー・MLU002タイプ

P1302672.jpg
 休日蟄居の工作ネタから。
 前にも紹介していた甲府モデルのリニアモーターカー、MLU002タイプです。

 最初にこのモデルを取り上げたときには未だグランシップトレインフェスタは開催の方向でしたから、フェスタに間に合わせるようにと書いたのですが、いざ中止になってみると手をつける気持ちもやや失せかけてしまい、まる3か月以上塩漬け状態になっていました。

 ですがコロナ禍に伴う休日蟄居の中で積みプラ状態だったキットを片っ端から消化していくうちにようやくこちらにもお鉢が回ってきたという次第。
 「工作」と言ってもボディは3Dプリンタの一体造形ですからメインはほぼ塗装という事になります。

 今回これが後回しになった背景のひとつがこの塗装というプロセスでして、自宅内でスプレーやラッカーが使えない以上「おそとに段ボール箱の即席ブースを出して塗装する」というプロセス自体がうちでは難題でした。
 どうかすると下手なバーベキューよりも臭いが飛びそうでご近所への気兼ねもありましたし、何回か重ね塗りをするからには纏まった日程が必要でしたから。
 が、これ以上引き延ばすと塗装に不向きな梅雨を迎えてしまう危惧があったので先日ようやく決断しました。
P1302674.jpg
 このキットではやや複雑な帯や前面の塗り分けを再現するために専用の治具が用意されており、これを車体に当ててケガキをする事で作業を容易にしています。
 説明書では色の選択はユーザー任せという事で鉄道カフェで見た作例サンプルは京急の赤と田宮のオレンジを用いているとの事です。

IMG_6270~photo.jpg ただ、うちの近所ではGMカラーが容易に入手しにくい環境なうえに通販を使うと更に工期が遅れてしまいます。
 なので近所で調達できるタミヤのピュアホワイトとマイカレッド、オレンジ(いずれもラッカー系)を選択しました。この辺は全くの目で見たフィーリングの選択です。

 治具を使うと確かに塗分け線のケガキは楽でしたが、手を抜いてサーフェサーで下地を塗らなかったので表面がややざらついてしまいました。
 もしこのキットを購入してまだ手を付けていない向きがありましたら、下地処理は必須と申し添えておきます(大汗)
IMG_6271~photo.jpg
 あとはセオリー通りに白~オレンジ~赤の順に順次塗り重ね、最後に窓の部分に黒を刺す(後好みに応じてエナメルかなんかで陰影をつける)と大体の形はできます。

 前面のマスキングで少々ミスったので前と後ろで表情が変わってしまったのは下手糞モデラーのご愛嬌という事でご勘弁を。
IMG_6272~photo.jpg
 形の上ではこんなところですが、このモデルにはもうひとつ「自走させる」と言うプロセスがあります。
 それについては次回以降に。

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント