「富井電鉄 猫屋線直通用路面電車(全金車)+貨車セット」

20210523SE (12).jpg
 先日購入の久しぶりの猫屋線ナローモデルです。

 「富井電鉄 猫屋線直通用路面電車(全金車)+貨車セット」

 昨年の今頃、第一弾の路面電車が出た時花巻電鉄のデハ22を思わせるルックスに感心したのですが、今回のモデルはより近代的な形状のデハ57に似た形状でこれまた岩手出身の私には馴染みが感じられる車両となりました。
 (但し実車はZパンタ、と言うかピューゲルの様な形状なのですがモデルは普通のパンタグラフになっています)

 昨年の路面電車と異なる暖色系のカラーリングもローカルっぽさを感じますし。
 何よりこのカラーリングは屋外の自然光が良く似合うのです。なので早速お外へ持ち出して撮影するおバカなおっさんがここに居ます(大恥)
20210523SE (15).jpg20210523SE (14).jpg

 本来の意味の路面電車よりもかなり小ぶりなサイズなのは「田舎のナロー電鉄」っぽさが横溢してなかなかに楽しいモデルと思います。
 一応ボギー貨車のワフも付いては来ますが、他のモデルでも既に出ているモデルの色替えで新味に欠けるうえに路面電車に牽かせてまで走らせたくなる様な貨車でもない感じもするので、これは一種蛇足な気もします(これが二軸のワとトフとかの組み合わせならまだ風情も出たと思いますが)

 ただ、今回の入線では購入時期が遅かったせいで動力ユニットが入手できず、当面は初代モデルと動力を使いまわすか「構内の飾り物」状態にするかと思っていました。
 が、幸いにして近所のショップに1両だけ出物を見つけたので晴れて動力化も実現できました。
 昨年の路面電車とミニカーブ&スーパーミニカーブのエンドレスですれ違いをさせると鉄コレのNゲージ路面電車よりも風情があって私は好きです。

20210523SE (13).jpg20210523SE (16).jpg

  ですが、デハ57タイプが出るなら馬面電車のデハ3とかも製品化されないかなという思いがさらに強まるのも確かです。
 出来たらポール仕様で出してくれないものかと(笑)

光山鉄道管理局
 HPです。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


鉄道模型ランキング

現在参加中です。気に入ったり参考になったらクリックをお願いします。


この記事へのコメント

鉄道模型大好きおじさん
2021年06月13日 14:32
文中にピューゲルとあるのは、ビューゲルのことでしょうか?

猫屋線とはいってますが、前面の塗り分けはどう見ても花巻電鉄ですね。
馬面電車も出たら面白そうですが、専用動力を新規開発する必用がありそうですね。
或いはトレーラーとして製品化されるかもしれません。
馬面電車が客車代用?として他の電車に牽引されている写真を見たことがあります。
レサレサ
2021年06月14日 20:55
ナローゲージと言ってもこの辺になると立派な路面電車ですね。
ま、リアルナロー電鉄の下津井電鉄はかなりおしゃれな電車を保有してたので、そういうものかもしれませんが。

それと下津井鉄道で思い出したのですが、ボギーのワフが余ったのなら梯子を取り付け、「屋根に上って架線修理に使う事業用車」に改造してみてはいかがでしょうか?
下津井のは二軸車でかなり外見が違います(「下津井電鉄ワフ2」で検索すると分かりますが、台車の上に角ばった車体が載った形状)が、ナローではないものの、熊本電鉄のコ1が猫屋線の木造ボギー有蓋緩急車とかなり似た造形です。
光山市交通局
2021年06月14日 22:01


>鉄道模型大好きおじさん
>
>文中にピューゲルとあるのは、ビューゲルのことでしょうか?
 はい、仰る通りビューゲルです。この手の打ち間違いは結構ありましてすみません。

 馬面電車は動力がネックなのは確かですね。或いは鉄コレに拘らず、サードパーティを当たった方がいいのかもしれませんが。
光山市交通局
2021年06月14日 22:08
>レサレサさん

 事業用車への転用とは思いつきませんでした。なるほど複数の電車を保有しているナローならその手もアリですね。

 そういえば今思い出しましたが、保育社のカラー図鑑の「電車」(1977年初版)で「(当時の)最新型電車」の項に0系小窓車とともに掲載されていたのが「近鉄北勢線のナローデンシャ(現・三岐鉄道北勢線)」だったのに驚いた記憶があります。

 あそこも下津井同様の事業車があったのでしょうね。
2021年06月15日 23:02
>光山市交通局さん
>事業用車
ちなみに自分も熊本電鉄のコ1を参考に河合のワフ28000を改造し、MY電鉄の架線点検車にしました。
(小規模鉄道だと木造の櫓が台車の上に乗るような奴の方が王道ですが、Nでは制作が逆に難しいです。)

本物と違って2軸車ですが、妻面のヘッドライトのおかげでこっちを前に推進運転させても違和感がなく(実際の熊本電鉄コ1は連結面の配線がないので制御車ではないようです)、ミニレイアウト主体の私の鉄道では折り返し運転に重宝しています。
光山市交通局
2021年06月18日 21:36
>さん
>
ついさっきまでコ1の写真を探していましたが、ようやく見つかりました(汗)
 なるほどワㇷをベースにした改造としてはユニークな形状ですね。
 あるいは電動貨車のバリエーションとしても面白そうですね。
レサレサ
2021年06月19日 10:54
>光山市交通局さん
上のワフ28000改造の話は私の名前の書き忘れです。
申し訳ありません。

補足:
ちなみに「熊本のコ1」は有蓋緩急車っぽい外見ですが、木造客車の改造(ただしこの客車自体が有蓋車の改造)だそうで、よく見ると窓を埋めたような跡が側面にあります。
光山市交通局
2021年06月19日 20:07
>レサレサさん

 前コメントの件、了解しました。

 コ1の経歴、貨車から始まって客車→事業車と実にユニークな変遷ですね。地方の私鉄にはまだこういう素材がいっぱいありそうな気がします。